人気DJアヴィーチー、28歳の早すぎる死に悲しみ…音楽仲間らが追悼メッセージ

最新ニュース

アヴィーチー(C)Getty Images
  • アヴィーチー(C)Getty Images
  • アヴィーチー(C)Getty Images
  • カルヴィン・ハリス-(C)Getty Images
  • ディプロ、スクリレックス、ジャスティン・ビーバー - (C) Getty Images
先週金曜日(現地時間)、DJで音楽プロデューサーのアヴィーチーが滞在先のオマーンで亡くなった。28歳の早すぎる死に元交際相手や音楽仲間たちから悲しみの声が上がっている。

2011年から2013年まで交際していた元彼女のエミリー・ゴールドバーグは、交際当時にスマホで交わしたかわいらしい会話のスクリーンショットやキス写真を掲載。アヴィーチーがエミリーを想って歌詞を書いてくれたことを振り返り、親友であった彼がこの世を去ったのをまだ受け入れられないなどと悲しみを綴った。


DJのカルヴィン・ハリスは「アヴィーチーのニュースを聞いて衝撃を受けている。美しい魂、情熱、ずば抜けた才能を持ち主だった。まだまだやることがたくさんあっただろうに」、ゼッドは「いま感じているこの悲しみを言葉で表すことはできない」とツイート。

人気エレクトロミュージシャンで、アヴィーチーのヒット曲「Levels」のリミックスを手掛けたスクリレックスは、アヴィーチーを「天才で革新的、かつセンシティブで控えめな人だった」と称え、「厳しい音楽業界に生きた彼にもっと寄り添い『大丈夫だからね』と声を掛けたかった」と悔やんだ。


アヴィーチーが亡くなった当日、コーチェラで公演を行ったDJで音楽プロデューサーのカイゴは、ステージでアヴィーチーへの想いを語った。「彼はぼくの音楽活動におけるインスピレーションの源で、ぼくがエレクトロミュージックを作り始めたきっかけを作ってくれた人なんだ」。そして、ラストにカイゴがアヴィーチーの曲で最も好きだという2017年のシングル「Without You」をプレイ。ステージのスクリーンにはアヴィーチーの白黒写真と「安らかにお眠りください。寂しくなるよ」というメッセージが映し出された。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top