松岡茉優、是枝組初参加に「自分の居場所はここだった」

最新ニュース

『万引き家族』 舞台挨拶(C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』 舞台挨拶(C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』舞台挨拶 (C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 是枝裕和監督/『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
『三度目の殺人』『そして父になる』の是枝裕和監督が手掛ける渾身作 『万引き家族』の完成披露試写会&舞台挨拶が4月25日(水)に行われ、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林ら“家族”が全員で登場した。

>>『万引き家族』あらすじ&キャストはこちらから

祝・カンヌ国際映画祭出品決定! 発表後初、“家族”全員で登場


5月8日より開催される「第71回カンヌ国際映画祭」にてコンペティション部門へ正式出品することが決定し話題となっている本作。決定後、初めて“家族”全員での登場となった今回のイベントでは、父・治役のリリーさんは「やっと観ていただけると思うと非常に嬉しく感じます。是枝監督がまたすごいものをつくったので是非ご覧ください」と思いを述べ、妻・信代役の安藤さんは「この家族がまた久しぶりに集まったのでとても嬉しいです」とコメント。是枝監督も「先週初号試写で今日は完成披露試写ということでできたてホヤホヤなので、このようなかなりスピード感でこうゆう形でお届けできてちょっとびっくりしています。どんな風に観ていただけるか楽しみにしています」と挨拶した。

『万引き家族』舞台挨拶 (C)2018『万引き家族』 製作委員会
また、カンヌのコンペティション部門への出品は『海街diary』以来3年ぶり、5回目の出品となる是枝監督は、「このスピードに追い付くのが精いっぱいという感じです。とても素晴らしいことなんですけど、喜び合う手前で止まっています(苦笑)」と現在の心境を明かし、続けてリリーさんは「俺の情けなさぶりを世界にみてもらおうと思います」と語っていた。

今回、是枝組初参加となった安藤さんと松岡さんは、「産後初めての作品になったことやこの先どうするかも決まっていなかったので、このタイミングでこの作品に参加することができて本当によかったです」(安藤さん)、「想像よりも早く参加できたことは本当に有難く思っていて、参加してみると自分の居場所はここだったんだなって思えるほど息のしやすい現場でした」(松岡さん)と2人とも参加できてよかったと話している。

オーディションで選ばれた子役2人、キャスティング理由は…


さらに、これまでにも多くの作品で子どもたちを撮ってきた是枝監督。今作でも息子・祥太役に城桧吏、治に拾われ家族の娘になるゆり役に佐々木みゆと子役を起用。2人はオーディションで選ばれたそうで、是枝監督は桧吏くんについて「オーディションで部屋に入ってきたときにこの子だってピンときた。いつまでも見てられると思った」と、みゆちゃんについては「オーディションで部屋の隅でポテトチップスを食べるシーンを演じてもらったんですが、そのポテトチップスの食べ方がよかった(笑)」とキャスティング理由を明かす。

一方、桧吏くんは「最初は緊張したけど、わかりやすく教えていただいて温かな現場でした」と撮影をふり返ると、リリーさんは桧吏くんの語尾の上がった喋り方が気になったようで、「なんだよ、なんで語尾が上がんだよ。大宮のキャバクラ嬢みたいだぞ」とツッコミ。そんな軽妙な掛け合いに会場は笑いに包まれ、そして今回お芝居が初めてだったというみゆちゃんは先ほどの起用理由を聞いて「とても嬉しかった!」と元気よくコメントし、“母”安藤さんの顔を綻ばせていた。

『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 

“劣化版”『海街diary』!?


また、撮影現場の写真と一緒に思い出をふり返る場面では、昨年の夏に2日間だけ先にクランクインされた海での写真が披露。台本も完成していない中家族6人での撮影だったそうで、リリーさんは「なんか劣化版の『海街diary』みたいだな」とボソリ…。安藤さんも「そうそう、ポスタービジュアルの縁側の写真も劣化版の『海街diary』みたいなね…」と言うと、続けてリリーさんが「あのポスタービジュアルの家族の笑顔と『万引き家族』ってタイトルみると、ソフトバンクの新しい家族割りみたいだよな」と話し、会場は大爆笑! 次にオフショットが公開されると、リリーさんが現場スタッフやキャストのために用意した駄菓子のクリスマスツリーのことに触れ、「祥太がカラムーチョがないってクレームいうから急きょ付け足したんですよ」と明かすと、「いってないです!」と桧吏くんに怒られる一幕も。

最後に是枝監督は「各世代、いま一番撮りたいと思う役者さんで映画をつくりました。撮影中、みなさんの演技をみながらどんどん作品のテーマも浮かび上がってきて、とても稀有な現場だと感じていましたし、シリアスな作品ではありますが、とても幸せだと思える作品になりました。濃密な時間を過ごせたことが作品からも伝わるかと思います」とコメントしていた。

『万引き家族』は6月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top