アンセル&クロエ共演作も! 「カリコレ2018」ラインナップ発表

東京・新宿にあるミニシアター、シネマカリテでは「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」(「カリコレ2018」)が、7月14日(土)から開催されることが決定。この度、第1弾ラインナップが発表された。

最新ニュース
東京・新宿にあるミニシアター、シネマカリテでは「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」(「カリコレ2018」)が、7月14日(土)から開催。この度、第1弾ラインナップが発表された。

2014年の第1回開催から今年で5周年を迎える本イベントでは、上映本数&内容ともにさらにパワーアップして開催。今回発表された第1弾では、ジャンルや国境を超えた選りすぐりの新作11作品、旧作1作品の全12タイトルがラインナップ。

■オープニング作品『クリミナル・タウン』


今年のオープニングを飾るのは、『キャリー』以来2度目の共演となるアンセル・エルゴート(『ダイバージェント』『ベイビー・ドライバー』)とクロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』『モールス』)が出演する『クリミナル・タウン』。

『クリミナル・タウン』(C) 2016 November Criminals Holdings, LLC.『クリミナル・タウン』
優等生の親友はなぜ殺されたのか? 幼なじみの高校生2人が事件の真相に挑む、スタイリッシュ・クライム・サスペンスだ。

■先行プレミア作品


『バンクシーを盗んだ男』



『バンクシーを盗んだ男』(C) MARCO PROSERPIO 2017『バンクシーを盗んだ男』
正体不明のグラフィティアーティスト、バンクシーがパレスチナの壁に描いた1枚の画を発端に、芸術の著作権問題が浮き彫りになる、様々なアーティスト、クリエイター、コレクターたちのインタビューをもとにバンクシーへと迫るドキュメンタリー作品。

『いつも月夜に米の飯』



『いつも月夜に米の飯』(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会『いつも月夜に米の飯』
『おんなのこきらい』の加藤綾佳監督最新作。『最低。』で女優デビューした山田愛奈を主演に迎え、母親が失踪したことから新潟で小料理屋の女将になった千代里が、そこで働く年上の料理人・アサダと共に常連客や料理に触れ、少しずつ成長していく恋愛群像劇。

■MOOSIC LAB 2018 スペシャルプレミア『いつか輝いていた彼女は』


さらに、スペシャル・プレミア作品では数々の名作や映画監督、ミュージシャン、俳優などを輩出してきた音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)」から届いた意欲作『いつか輝いていた彼女は』を上映。

『いつか輝いていた彼女は』(C)2018「いつか輝いていた彼女は」製作委員会『いつか輝いていた彼女は』
スリーピースバンド「MINT mate box」のマホとマホのかつての親友であった茜を中心に、高校時代の2人の純粋さと歪んだプライドを描いた青春音楽映画。

■新作&旧作もチェック!


『アニー・イン・ザ・ターミナル』


『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で注目を集め、5月に日本でも公開される『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞主演女優賞ノミネートを果たしたマーゴット・ロビーが妖しい謎の美女を演じるリベンジ・アクション。

『アニー・イン・ザ・ターミナル』(C)  2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.『アニー・イン・ザ・ターミナル』

『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』


「おさるのジョージ」の著者、ハンス・レイとマーガレット・レイ夫妻の波乱万丈の人生を、膨大な記録と貴重な原画、手書きのアニメで描く初のドキュメンタリー作品。

『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』

『リチャード・リンクレイター 職業:映画監督』


『ビフォア』シリーズや『6才のボクが、大人になるまで。』、『スクール・オブ・ロック』など、多彩な作品で観客を魅了してきたハリウッドを代表する映画監督リチャード・リンクレイター。今作は、監督デビューから今年で30周年を迎える彼の軌跡を追うドキュメンタリー。

『リチャード・リンクレイター 職業:映画監督』courtesy of Black/ Bernstein Productions『リチャード・リンクレイター 職業:映画監督』
そのほか、孤島を訪れた新任の気象予報士が怪しい灯台守の男グラナーと共に、毎夜襲いかかってくる謎のクリーチャーと激闘するサバイバル・アクション『コールド・スキン』。ジェイソン・モモアとスティーブ・ラングが共演を果たした『ワイルド・ブレイブ』。不思議な力を手に入れた少女と彼女に恋をする少年のサイキック逃亡劇を描いた『First Light』(原題)。『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが病に伏せる妻を救うために麻薬密売を請け負うパイロットを熱演したサスペンススリラー『BEAST OF BURDEN』(原題)

『BEAST OF BURDEN』(原題)(C)2017 BOB GA, LLC『BEAST OF BURDEN』(原題)
そして旧作は、全米に突如殺人トマトが現れ、次々と人間を襲い始め、犠牲者続出。ついには軍対巨大殺人トマトたちの全面戦争が勃発し、街が大パニックに陥る様子を描いた“不朽の駄作”と誉れ高い伝説的カルトムービー『アタック・オブ・ザ・キラートマト』(1978年アメリカ公開)を上映する。

『アタック・オブ・ザ・キラートマト』(C) 1978 KILLER TOMATO ENTERTAINMENT『アタック・オブ・ザ・キラートマト』
「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」は7月14日(土)~8月24日(金)まで6週間、新宿シネマカリテにて開催。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top