“信頼”が“疑念”に…木村拓哉×二宮和也主演『検察側の罪人』最新予告

映画

『検察側の罪人』 (C)2018 TOHO/JStorm
  • 『検察側の罪人』 (C)2018 TOHO/JStorm
  • 『検察側の罪人』 (C)2018 TOHO/JStorm
  • 『検察側の罪人』キャスト陣
木村拓哉×二宮和也共演、「犯人に告ぐ」の雫井脩介の原作小説を『日本のいちばん長い日』の原田眞人監督によって実写映画化された『検察側の罪人』。この度新たに予告編が公開された。

>>『検察側の罪人』あらすじ&キャストはこちら

エリート検事・最上役を、俳優・木村拓哉。そして若き検事・沖野役には、二宮和也を迎えた豪華共演作。この度公開された予告編では、都内で発生した強盗殺人での取調べにて、激昂する二宮さんを見ることができ、その常軌を逸した荒々しい様子に思わず息を呑む。木村さんは一貫して険しい表情を崩すことなく、常に事件に対して揺ぎ無い信念で向きあう。

『検察側の罪人』 (C)2018 TOHO/JStorm
さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂役に吉高由里子。闇社会のブローカー・諏訪部を演じる松重豊は、危うい様子で高らかに笑う。最上の親友である国会議員・丹野に平岳大。殺人事件の容疑者の一人・弓岡には大倉孝二。沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島を演じる八嶋智人は、役作りか体が大きくなっているように見える。そして人権派大物弁護士・白川雄馬に山崎努が、まるで挑発するかのように舌を出す様子も。


ほかにも矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜らキャストが出演し、今回の事件にどのように関わってくるのか注目が集まる。予告のラストでは、二宮さん演じる沖野が「犯人は冤罪ではないか」と疑うと、その姿勢に対し木村さん演じる最上が「検事である意味がない」と強く言い放つシリアスな場面が確認できる。罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官。最後の一線を踏み越えるのは誰なのか。正しいのはどちらの正義か? 本作での重厚感溢れる、2人の共演に目が離せない。

『検察側の罪人』は8月24日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top