吉田羊、太賀に「生まなきゃよかった」…『母さんがどんなに僕を嫌いでも』特報公開

注目の若手俳優のひとり・太賀と、実力派女優・吉田羊が共演し、これまでにない役柄に挑んだことでも大きな話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 この度、待望の特報と、場面写真が到着した。

映画
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
  • 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
  • 太賀&吉田羊 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
  • 太賀/『南瓜とマヨネーズ』完成披露上映会
  • 吉田羊/「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」第1話完成試写会
注目の若手俳優のひとり・太賀と、実力派女優・吉田羊が共演し、これまでにない役柄に挑んだことでも大きな話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。この度、待望の初映像となる特報と場面写真が到着した。

■あらすじ


タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母・光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、1人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく――。

親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、母から愛をつかみ取るまでの実話を描く本作。映画化にあたり主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀さん。母を演じる実力派女優の吉田さんは、これまでのイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露する。監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務め、脇を固めるキャストに、森崎ウィン、白石隼也、 秋月三佳のフレッシュな顔ぶれを加え、木野花ら実力派も出演する。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

■太賀&吉田羊、迫真の演技のぶつかり合い


この度解禁された特報では、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ母・光子の衝撃的なセリフから幕を開ける。

太賀さんの目に溢れる涙や感情を露わにする痛切な場面、そして吉田さん演じる母のさびしげな横顔が次々と映し出され、感動の物語を予感させる内容となっている。併せて公開された場面写真には、特報の緊張感とは一転した仲むつまじい親子の様子が映し出されている。わずか15秒の特報と場面写真だけでも、“誰も見たことがない太賀と吉田羊”に出会えるという期待が高まる。


『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top