岡田准一×西島秀俊共演!『散り椿』本編映像&ポスタービジュアルが公開

黒澤明監督に従事し、映画監督としても名高い巨匠・木村大作監督が岡田准一&西島秀俊の共演で描く初の時代劇『散り椿』から、待望の本編映像とポスタービジュアルが到着した

映画 邦画ニュース
黒澤明監督に従事し、映画監督としても名高い巨匠・木村大作監督が岡田准一&西島秀俊の共演で描く初の時代劇『散り椿』から、待望の本編映像とポスタービジュアルが到着した。

享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田准一)。追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。「藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい」というものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった――。

藩を追放されるも、妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく新兵衛を岡田さんが演じ、新兵衛と共に持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す人物・榊原采女を西島さんが演じ、因縁を抱えた二人がどのように劇中で関わりあってくるのか、すでにファンの間でも注目の集まる作品だ。

この度公開された本編映像は、富山、彦根、長野にてオールロケで撮影された美しい自然と、木村キャメラマンにしか撮れない美しい画が、全編通してみることができる。時代劇が全編オールロケで撮影を敢行することは前代未聞で、木村監督の演出と岡田さん、西島さんら豪華俳優陣による美しい佇まいと生き様に期待が高まる特報と、日本映画界に新たな歴史を刻む予感を感じるポスタービジュアルとなっている。


最愛の妻と交わした最期の約束を叶えるため、男たちが迎える運命とは?

『散り椿』は9月28日(金)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top