【ドラマニア】憂鬱を吹き飛ばそう!スカッと爽快「笑顔になれる」春ドラマまとめ

大型連休も終わり、ついボーッとなりがちなこの季節。憂鬱を吹き飛ばすためには、とにかく“笑顔”になることが必要です。そこで今日は、見終えた後、スカッと爽快な気分になれるおすすめの春ドラマを一挙ご紹介。今期は、気分転換に最適! 面白作品が目白押しですよ~。

最新ニュース
「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(c)TBS
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(c)TBS
  • 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(C)TBS
大型連休も終わり、ついボーッとなりがちなこの季節。憂鬱を吹き飛ばすためには、とにかく“笑顔”になることが必要です。そこで今日は、見終えた後、スカッと爽快な気分になれるおすすめの春ドラマを一挙ご紹介。今期は、気分転換に最適。面白作品が目白押しですよ!

■ダー子の“ハチャメチャ”が癖になる
奇想天外の連続「コンフィデンスマンJP」


卓越した記憶力を武器に様々な業界へ潜入する主人公・ダー子(長澤まさみ)の七変化は、まさに“捧腹絶倒”…!? 標的の懐へ入るため、あらゆる参考書を脳内に叩き込み――敏腕CA、国際女優、天才医師など、一見無謀とも思える「成りすまし」に果敢に挑戦していく姿は爆笑必須と言えるでしょう。

「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
また、「目に見えるものが真実とは限らない」という副題からも分かるように、大どんでん返しが幾度となく繰り返されるのも本作の見どころ。予想を裏切られるたび、「またやられた~」「一体、いつから仕込まれていたの!?」とテレビに向かって叫んでしまった人も多いのでは? 常識外れの作戦を何重にも張り巡らせ、ときに味方を欺きながらも、狙ったターゲットは絶対に逃さないダー子の完璧なコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)ぶりは必見です。伏線に気づいたときのしめしめ感――罠を見破ったときのスカッと感は癖になること間違いなしですよ。

■晴の“ギャップ”にハマる人が続出
新世代胸キュン「花のち晴れ~花男 Next Season~」


「花より男子」の興奮、再び! 10年ぶりの新シリーズとなる本作では、新世代の呼び名に相応しい王子様・晴(平野紫耀「King&Prince」)が登場。普段は学園のカリスマリーダーとして虚勢を張っている晴ですが、本当はとっても繊細で小心者の男の子。「強くなりたい」一心で開運グッズを買い集め、「気になる」女の子=主人公・音(杉咲花)のためにパンケーキ屋さんを店ごと買い取る――スマートさからはかけ離れた不器用タイプだからこそ、その健気でまっすぐな背中がいつの間にか、もどかしくも愛おしく人をにやけさせてしまう中毒性があるんですよね~。

「花のち晴れ~花男 Next Season~」(C)TBS
さらに本作では、ラブストーリーに欠かせないハラハラ・ドキドキの三角関係を展開。音の婚約者でライバル校の生徒会長を務める天馬(中川大志)とのバッチバチな睨み合いにも注目です。全てにおいてパーフェクトな生き様を見せる天馬との直接対決、その行方は如何に…? 「次週が楽しみ!」モチベーションが高まる、話題の一作を是非お試しあれ。

■手作り弁当に、壁ドン――
直球過ぎる“ピュア”合戦が見どころ「おっさんずラブ」


週末の夜に前向きな“笑顔”を届けてくれる「おっさんずラブ」も忘れてはいけません。「好きな気持ちに、理由なんてない」オジ様たちのピュアなやり取りに、思わずホロリ涙してしまう場面も…。明日への活力を分けてもらえる、いまの時期にぴったりのドラマとなっています。

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」第2話
主人公・春田(田中圭)は、ちょっぴりこじらせ気味のアラサー会社員。ある日、上司の黒沢(吉田鋼太郎)が自分の顔写真を携帯の壁紙に設定していることに気づいたそのときから、人生のモテ期が始まります。ストレートに愛を告白した黒沢は、春田のことを「はるたん」という愛称で呼び、熱烈なアイコンタクトを連発。お昼には手作りのお弁当(春田の似顔絵のキャラ弁)を作って持ってくるなど、女子顔負けの乙女心に感服です。さらには、部下の牧(林遣都)からも壁ドンでキスを迫られる春田。そのめくるめく表情の変化から、目が離せません。


本作では、ラブラブ(?)な公式SNS写真も話題に! 合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、春の憂鬱を吹き飛ばすおすすめのドラマ3選でした。参考にしてみてくださいね。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

特集

page top