“ディカプリオの再来”ティモシー・シャラメ、無垢な少年から薬物依存者まで変幻自在!

満席回続出の大ヒットとなっている『君の名前で僕を呼んで』の主演ティモシー・シャラメは、第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、その溢れ出る才能と美貌から“ディカプリオの再来”といわれる

映画
『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • ティモシー・シャラメ-(C)Getty Images
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『レディ・バード』 (C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24
  • 『レディ・バード』 (C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24
  • 『レディ・バード』 (C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
4月27日(金)より全国公開され、満席回続出の大ヒットとなっている『君の名前で僕を呼んで』。本作で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた主演のティモシー・シャラメは、その溢れ出る才能と美貌から“ディカプリオの再来”といわれる、いま大注目の若手イケメン俳優。

2018年は、24歳の青年と恋に落ちる無垢な少年を演じた本作含め、女子高生が思わず心を奪われるバンドマンを演じた『レディ・バード』が日本公開間近、さらに7月全米公開の『Hot Summer Nights』(原題)ではドラッグディーラーを演じるなど、話題作が続々と控えており、ますます目が離せない存在となっている。

■『君の名前で僕を呼んで』全国公開中


映画レビューサイト「ロッテントマト」による「2017年度ベスト・レビュー映画NO.1」の輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いたラブストーリー。第90回アカデミー賞主演男優賞ほか4部門にノミネートされ、巨匠ジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞した。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオ(ティモシー)は、大学教授の父(マイケル・スタールバーグ)が招いた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく――。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture

■『レディ・バード』 6月1日(金)公開


カリフォルニア州のサクラメントは閉塞感漂う田舎町。カトリック系の女子高に通い、自らを「レディ・バード」と呼ぶ17歳のクリスティン(シアーシャ・ローナン)が、高校生活最後の年を迎え、友人やボーイフレンド、家族、そして自分の将来について悩み、揺れ動く様子を、みずみずしくユーモアたっぷりに描いた作品。ティモシーは一転、チャラくて“ゲスな”バンドマンを演じている。

監督・脚本は、『フランシス・ハ』『20センチュリーウーマン』など、女優としても高い評価と人気を誇るグレタ・ガーウィグ。本作も第90回アカデミー賞にてグレタの監督賞、主演女優賞、助演女優賞ほか5部門ノミネートにノミネートされた。

『レディ・バード』 (C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24

■『Hot Summer Nights』(原題) 7月27日(金)全米公開予定


『ルーム』('15)、『ムーンライト』('16)など賞レースを席巻する作品を次々送り出す気鋭のスタジオ「A24」製作の話題作。恋愛模様を描いた青春映画でありながら、リアリティある薬物依存の描写も強烈と話題になっており、ティモシーはドラッグディーラー役を熱演している。監督・脚本は新人のイライジャ・バイナム。

田舎にある親戚の家で過ごす少年ダニエルは、ひょんなことをきっかけにドラッグに手を出してしまう。友達も恋人もいなかった彼は、孤独の中でドラッグディーラーの道に進み…。『イット・フォローズ』のマイカ・モンロー、ディズニー・チャンネル『ティーン・ビーチ・ムービー』のマイア・ミッチェル、『フィフス・ウェイブ』アレックス・ロウらが共演。

ティモシー・シャラメ-(C)Getty Images

■『Beatutiful Boy』(原題) 10月12日(金)全米公開予定


『ムーンライト』『それでも夜は明ける』で2度のオスカーに輝く、ブラット・ピットが立ち上げた「PLAN B」が製作。ドラッグ依存症の息子を抱えた、米作家デビッド・シェフによる自伝的ノンフィクション「Beautiful Boy: A Father’s Journey Through His Son’s Addiction」(原題)の映画化し、「メス」「スピード」などと呼ばれる覚せい剤メタンフェタミンでドラッグ依存に陥ったニック(ティモシー)の壮絶な葛藤を、父親(スティーヴ・カレル)の視点から描く。共演に、『デトロイト』のケイトリン・ディーヴァー。

■『A Rainy Day in New York』(原題) 2018年全米公開予定


巨匠ウディ・アレン監督最新作。人気女優のエル・ファニングとセレーナ・ゴメスに、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー、レベッカ・ホールと豪華な顔ぶれ。

ティモシー・シャラメ-(C)Getty Images
初恋の喜びと痛みを知る無垢な少年から、若すぎるドラッグディーラーまで変幻自在のティモシー。いま最も熱い俳優に、引き続き注目していて。

『君の名前で僕を呼んで』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top