リュック・ベッソン監督、レイプ容疑でフランス当局が捜査

最新ニュース

27歳のとある女優がパリのホテルでリュック・ベッソン監督に薬を盛られてレイプされたと訴え、フランスの警察が捜査を始めたという。ベッソン監督は弁護士を通し、「リュック・ベッソンは断固としてこのでたらめな言いがかりを否定します」と容疑を否定。被害者とされる女優の名前は公表されていないが、「彼が知っている人です。決してその人に対して不適切な振る舞いを行ったことはありません」とのこと。

その女優がフランスのラジオ局「Europe 1」に語ったところによると、彼女はいままでにベッソン監督の2本の映画に出演。事件はベッソン監督との打ち合わせのために、ブリストルホテルに足を運んだ5月10日(現地時間)に起きた。女優は「(ベッソン監督が)私の紅茶に何かを入れたようで、私は気を失ってしまった。目覚めたときにはすでにレイプされており、現金の束が残されていた…」と主張している。

事件が公になったのは、ちょうどカンヌ国際映画祭が幕を閉じる頃。女優のアーシア・アルジェントが「21年前にここカンヌでレイプされた」とハーヴェイ・ワインスタインを告発し、ハリウッドのみならずフランスでも「#MeToo」運動が加速する発端となった。

現在ベッソン監督はフランス国外におり、まだ警察の事情聴取は受けていない。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top