有村架純が運転士姿で爽やかに「出発進行!」『かぞくいろ』 特報映像到着

映画

有村架純と國村隼がW主演する『RAILWAYS』シリーズ最新作の正式タイトルが『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』となり、11月30日(金)より全国公開されることが明らかとなった。併せて、特報映像とティーザーポスタービジュアルも完成した。

■あらすじ


晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子どもの頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく――。

■温かな雰囲気を感じられるティーザーポスタービジュアルがついに完成


完成したティーザーポスタービジュアルには、若くして夫を亡くし、夫の故郷・鹿児島で「運転士」を目指す主人公・晶役の有村さんと、その連れ子・駿也役の歸山竜成くんが駅のベンチに座って微笑む前を、晶の義父・節夫役の國村さんが堅い表情で横切ろうとするシーン。柔らかい陽光が差し込んでいるかのような駅のホームで、いままさに物語が始まろうとしているのを感じさせる温かな雰囲気に仕上がっている。

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』ポスター/(C)2018「かぞくいろ」製作委員会

■特報映像も到着


本作の魅力がつまった特報映像


特報では、血のつながらない3世代3人が一緒に暮らしはじめ、それぞれが愛する人を失った悲しみを抱えながら、自分たちなりの家族のカタチを見つけようともがく姿を垣間見ることができ、さらに本シリーズのもうひとつの主人公でもある鉄道、“肥薩おれんじ鉄道”が、美しく彩り豊かな九州の海沿いを走るその姿も見ることができる。

有村架純の運転士姿も公開!


さらに有村架純が披露している運転士姿にも注目。ときに涙し、もがきながらも、「出発進行」と前を向く有村架純の初々しい運転士姿は、爽やかで真面目なイメージの彼女にぴったりの役どころ。その一方で、若くして夫を亡くし、血の繋がりのない息子に“母”としてまっすぐに向き合い続ける“シングルマザー”としての姿は、これまでにない新しい挑戦となる。新たな一面にも注目だ。



『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は、11月30日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top