パルムドール受賞の是枝監督が凱旋帰国! 安藤サクラの“泣き演技”は「特別な瞬間」

『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門にて、見事最高賞「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督。そんなカンヌを沸かせた是枝監督が、5月23日に凱旋帰国し、羽田空港内にて記者会見を行い、現在の心境を語った。

最新ニュース
『万引き家族』 (C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』 (C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』第71回カンヌ国際映画祭  (C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』 (C)2018『万引き家族』 製作委員会
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
最新作『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門にて、見事最高賞「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督。そんなカンヌを沸かせた是枝監督が、5月23日(水)に凱旋帰国し、羽田空港内にて記者会見を行い、現在の心境を語った。

>>『万引き家族』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作。リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林らが出演し、家族を超えた絆を描いた本作は、カンヌ公式上映後に約9分間ものスタンディングオベーションが起こった。日本人監督のパルムドール受賞は、1997年の今村昌平監督の『うなぎ』以来、21年ぶりの快挙となった。

『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 『万引き家族』

是枝監督、凱旋帰国! 「実感が湧くのはこれから」


そして今回、そんな快挙を成し遂げた是枝監督が帰国し、80名ほどのマスコミ陣の前に、黄金に輝く“パルムドール”のトロフィーとともに登場。是枝監督は、「大きな賞であることが、本日このようにお越しいただいたマスコミの方の数をみてわかります。実感が湧くのはこれからだと思います。シャワーを浴びて一息ついたところですが、LINEやメールが山のようにたまっているので、お礼の返信をしたいと思います」と、まだ受賞の実感はない様子。

『万引き家族』 (C)2018『万引き家族』 製作委員会是枝裕和監督
また、今作でカンヌ国際映画祭への出品は7回目、『海街diary』以来3年ぶり5回目のコンペティション部門出品。これまで『誰も知らない』では柳楽優弥が最優秀男優賞を、『そして父になる』では審査員賞を受賞している。そんな過去の受賞作と今作との反応の違いについて聞かれると、「前のことはあまり覚えていませんが、『誰も知らない』のときも温かったけど、あのときは子どもたちの世話で手一杯で、それだけで終わってしまったという印象なんです」とふり返り、「公式上映後に受けた取材では、記者たちから『Touch』と『Love』という言葉が一番多かったんです。それで、届いたなと良い手ごたえは感じました」と明かしている。

■ケイト・ブランシェット、安藤サクラの“泣き演技”を絶賛!


そして、審査員長のケイト・ブランシェットからは、授賞式後の公式記者会見の際にも言っていたことと同様に「演技、監督、撮影などトータルで素晴らしかった」と改めて言われたという監督。加えて、安藤さんの芝居についても熱く語っていたそうで、彼女の泣くシーンについて、「『今後、私も含め今回の審査員を務めた俳優の中で、今後あの泣き方をしたら、彼女の真似をしたと思って』と仰っていて、その会話から虜にしたんだなとよくわかりました」と述べた。

『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 『万引き家族』

■注目ポイントは役者のアンサンブル「惚れ惚れするくらいの演技」


さらに映画完成の際をふり返り、「役者が素晴らしかったです。ケイトさんも仰っていた安藤さんの泣くシーンは、カメラの脇で立ち会っていても特別な瞬間だと感じましたし、そんなことがほかにも何度もありました。いろんな意味で化学反応も起こり、良い映画が出来たと実感はしましたね」と作品への手ごたえを語った監督。公開はこれからということで、注目ポイントについては「今回役者のアンサンブルがとてもうまくいきました。自分なりの子どもへの演出と、演出も担える樹木さんとリリーさん、安藤さん、松岡さんも相手の演技を受けるのが上手でバランスがよかった。撮影している中で、惚れ惚れするくらいの演技もみせてくれた」と説明していた。

お祝いムードの中、熱気に包まれながらも終始穏やかな空気が流れていた今回の会見。受賞後、監督はNYに少し滞在していたそうで、「色々差支えがあって喋れないんですけど、近いうちに情報が発表されるかと思います。でも、打ち合わせは上手くいきました」と新たな報告もあった。

『万引き家族』第71回カンヌ国際映画祭   (C)2018 Getty Images『万引き家族』第71回カンヌ国際映画祭 (C)2018 Getty Images
なお、受賞の結果を受けて日本公開館数は200館から300館に拡大、そして6月2日(土)・3日(日)2日間限定で先行上映も決定した。

『万引き家族』は6月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top