松坂桃李主演『娼年』応援上映開催にファン困惑と期待「カオスな予感しかしない」

“松坂桃李×三浦大輔”のコンビで映画化した『娼年』。現在公開中で本作を観賞した人たちから絶賛の声が寄せられている中、今回なんと“女性限定”での応援上映の開催が緊急決定した。

映画 邦画ニュース
『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
石田衣良の恋愛小説を、2016年上演の舞台と同じく“松坂桃李×三浦大輔”のコンビで映画化した『娼年』。現在公開中の本作を観賞した人たちからは絶賛の声が寄せられている中、今回なんと“女性限定”での応援上映の開催が緊急決定した。

>>『娼年』あらすじ&キャストはこちらから

4月6日に公開を迎え、公開から7週目を迎えた現在でも、幅広い世代の女性を中心に動員。リピーターも多く、土日やレディースデーは満席が相次ぎ、公開6週目には興行収入3億円を突破した本作。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
ネット上では、「控えめに言って松坂桃李の肉体美しすぎた」「桃季くんの、濡れ場シーンはやばたんだらけでしたがしんみりくるシーンで、泣いてしまいました」「何回見ても、俳優さんの芝居に脱帽する」と絶賛する声や、イラスト共にその衝撃さを表現する人たち、さらに“#おかわり娼年”といったタグも登場。

そんな中、「応援上映やりた~い」「娼年を応援上映で見たい」といった応援上映を望む声が相次ぎ、その多数の要望を受け、女性限定での応援上映が実施されることに。R18+指定作品での応援上映は、なんと日本初! 発声OK、コスプレOK、サイリウム・光り物使用OK、楽器使用OKのレギュレーション。ゲストには三浦監督の参加も決定した。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
応援上映開催を受け、ネットでは「娼年の応援上映楽しそう」「めっちゃ気になるぅ~」「特に熱海とかめちゃくちゃ応援しがいがあるので応援上映絶対向いてる」といった反応のほか、「娼年の応援上映、最高にカオスな予感しかしない」「娼年応援上映って何事??」「娼年応援上映どないすんねん笑」「どういう掛け声をかければ…?!」と、戸惑いや“一体どんな上映になる?”という声も多数寄せられているようだ。

なお、チケットは26日(土)AM0時よりオンラインチケットを販売、劇場窓口では同日劇場オープン時より販売をスタートする。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
『娼年』応援上映は5月30日(水)17時35分~池袋 HUMAX シネマズ スクリーン4にて開催。

『娼年』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top