ステイシー・マーティンのキュートなビキニ姿にくぎ付け!『グッバイ・ゴダール』

ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』。この度、劇中でアンヌを演じたステイシー・マーティンの梅雨も吹っ飛ぶ(?)場面写真をシネマカフェが入手した。

映画
『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
  • 『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
  • 『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
  • 『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
世界中から注目される巨匠ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』。この度、劇中でアンヌを演じたステイシー・マーティンの梅雨も吹っ飛ぶ(?)場面写真をシネマカフェが入手した。

>>『グッバイ・ゴダール!』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ゴダール監督作『中国女』の主演女優であり、彼と10代で出会い、共に時代を駆け抜けたアンヌの知られざる日々を描いた注目作。そんなアンヌを演じるのは、『ニンフォマニアック』で主人公の若き日を演じスクリーンデビュー、「MiuMiu(ミュウミュウ)」の広告塔なども務めるステイシー・マーティン。主演抜擢にゴダールからのプロポーズと、刺激的な日々を送っていたアンヌだが、時代は1968年。街では5月革命の気運が高まり、ゴダールは映画製作よりも革命に傾倒していく…。

『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINEMA - LA CLASSE AMERICAINE - STUDIOCANAL - FRANCE 3.
今回到着した彼女のビキニ姿の場面写真は、友人に誘われカンヌでバカンスを過ごす姿を捉えたもの。実は同じ頃、ド・ゴール政権下での映画製作を批判するゴダールは、トリュフォーやアラン・レネたちとカンヌ映画祭に乗り込み、中止に追い込んでいるのだが、しかし彼女はそんな騒動を気にもとめていないようだ。

さらに、ビーチでパラソルの下くつろぐ、笑顔がまぶしい爽やかな彼女を捉えた写真も併せて公開。60年代の設定ながら、シンプルなビキニとサングラスを身につけたステイシーの姿は、この夏ビーチで真似したくなるほどキュートだ。

『グッバイ・ゴダール!』(C) LES COMPAGNONS DU CINEMA - LA CLASSE AMERICAINE - STUDIOCANAL - FRANCE 3.
なおゴダール役には、 ゴダールが牽引したヌーヴェルヴァーグから多大な影響を受けたとされるフィリップ・ガレルの息子ルイ・ガレル。本作では、自身もゴダールを敬愛するという彼の“ゴダールの再来”と評された脅威の役作りも必見だ。

『グッバイ・ゴダール!』は7月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top