相葉雅紀、秋ドラマ「僕とシッポと神楽坂」で“獣医師役”初挑戦! 「とても楽しみ」

「嵐」相葉雅紀が、10月放送の金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」で初の“獣医師”役に挑戦することが分かった。「初めて主演ドラマをやらせていただいた金曜ナイトドラマの枠にもう一度戻ってくることができてとても嬉しいですし、光栄です」とコメントを寄せている。

最新ニュース
「嵐」相葉雅紀が、10月放送の金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」で初の“獣医師”役に挑戦することが分かった。今回、2011年放送の「バーテンダー」以来のテレビ朝日連続ドラマ主演となる相葉さんは、「初めて主演ドラマをやらせていただいた金曜ナイトドラマの枠にもう一度戻ってくることができてとても嬉しいですし、光栄です」とコメントを寄せている。

“相葉雅紀×動物”の心温まる物語…


原作は、たらさわみちによる同名漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語。今回ドラマ化にあたり、監督を『神様のカルテ』『先生と迷い猫』の深川栄洋が務める。

原作セル画(C)たらさわみち/集英社クリエイティブ
そして相葉さんが演じるのは、そんな神楽坂にある「坂の上動物病院」の獣医師・高円寺達也。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然、徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまう。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれるようになり、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていく。

初めての獣医師役に「演じるのがとても楽しみ」


この度、7年半ぶりにテレビ朝日金曜ナイトドラマに帰ってくることが決定した相葉さん。「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ではレギュラーを務め、動物には縁深い彼だが、獣医師という役柄は今回が初めて。オファーがあってすぐに原作を読んだという相葉さんは、「動物の終末ケアといった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人との繋がりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとても素敵な物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、いまから演じるのがとても楽しみです」とコメント。

「僕にとってペットは家族」と話す相葉さん。演じるキャラクターについては、「すごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です」と説明し、また「コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑)」と早くも自身との共通点を見出したそう。

さらに、本作では毎回1回は“手術シーン”があるそうで、「クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています」と言い、「『僕とシッポと神楽坂』は温かいお話なので、みなさんの金曜の夜を温かくできたらいいなと思います」と意気込んでいる。

また、今作にはダイキチとオギというマスコットキャラクターのような犬と猫も登場。ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギが、相葉さんとともに金曜の夜を癒してくれそうだ。

金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」は10月より毎週金曜日23時15分~テレビ朝日系にて放送(一部地域で放送時間が異なる)。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top