悪役イ・ジョンソクに「美しさゆえ胸糞悪さが倍増」の声『V.I.P.』本編映像

パク・フンジョン監督作『V.I.P. 修羅の獣たち』。現在公開中の本作から、この度、初の悪役に挑戦したイ・ジョンソクの本編映像と未公開場面写真をシネマカフェが独占入手!

韓流・華流
『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
チャン・ドンゴン、キム・ミョンミンらが出演し、闇に翻弄される男たちの狂宴を描くパク・フンジョン監督作『V.I.P. 修羅の獣たち』。現在公開中の本作から、この度、初の悪役に挑戦したイ・ジョンソクの本編映像と未公開場面写真をシネマカフェが独占入手!

>>『V.I.P. 修羅の獣たち』あらすじ&キャストはこちらから

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督が放つ本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされたことから、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちが交錯する、壮絶なクライム・アクション。

「君の声が聞こえる」などに出演し、現在、韓国観光名誉広報大使、ロッテ免税店のモデルとしても活躍するイ・ジョンソクが演じるのは、全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたV.I.P.、キム・グァンイル。主に海外で暮らす北朝鮮のエリート幹部の息子という設定のため、北朝鮮でのシーンではさっぱりと整えたヘアスタイルに明るいトーンのスーツと、富裕層のイメージを表現。一方で韓国のシーンでは、平凡な衣装で韓国社会に溶け込んでいる。

『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
これまでの彼の清楚なイメージとは異なる、悪役っぷりが炸裂する本作だが、今回到着した映像では、韓国で起こった連続殺人事件の容疑者になったグァンイルが取り調べを受けている場面を収録。『ハナ ~奇跡の46日間~』にて、韓国人女性と切ない恋をした北朝鮮の青年役や、「ドクター異邦人」では北朝鮮で育った天才医師役を演じていた彼が見せる、流暢な北朝鮮訛りのセリフは必見だ。


また、すでに本作を観賞した人たちからは、「物語の鍵となる北の高官の息子が一ミリの揺るぎも無い胸糞サイコ野郎で残酷描写も容赦なし」「なんとも胸糞悪いVIPであり猟奇殺人者を演じるのが若くてきれいな顔をした好青年俳優イ・ジョンソク。その美しさゆえ胸糞悪さが倍増」「イ・ジョンソクさんの存在感が凄まじかった」など、初の悪役に挑戦した彼を絶賛する声が上がっている。

『V.I.P. 修羅の獣たち』(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
なお、韓国では、2016年4月に中国の北朝鮮運営レストランの女性従業員が集団で韓国に亡命した事件が、実は当時の韓国情報機関である国家情報院が仕組んだ「拉致」であった可能性が指摘されたニュースのほか、米朝首脳会談後、毎日のように新たなニュースが飛び交い、韓国と北朝鮮が平和モードで年内に終戦宣言するのではと騒がれている。分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない、そんないまだからこそ観ておきたい本作をぜひ劇場で。

『V.I.P. 修羅の獣たち』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top