ありえへん“ジミー”中尾明慶に、“さんま”玉山鉄二がツッコミ!「Jimmy」予告編解禁

最新ニュース

「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(c)2018YD クリエイション
  • 「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(c)2018YD クリエイション
  • 中尾明慶
  • 玉山鉄二
  • 明石家さんま
企画・プロデュースを明石家さんまが務めたNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」。7月20日(金)から全世界190ヵ国にて独占配信される本作の予告編、場面写真が解禁され、ジミー大西を演じる中尾明慶、明石家さんまを演じる玉山鉄二の姿が明らかになった。

■あらすじ


1980年代の大阪。突拍子もない言動を繰り返し、幼い頃から失敗ばかりの大西秀明(中尾さん)は高校卒業後どこにも就職できず、吉本興業の舞台進行の見習いとして「なんば花月」に出入りしていた。

ある日、大失敗した大西は反省を示すべく自ら裸になって階段にチンチンを紐で括りつけ、大騒ぎに。そこにやって来たのが人気絶頂の芸人・明石家さんま(玉山さん)。ふたりはこうして衝撃の出会いを果たすのだった。さんまは大西を面白がり、身の回りの世話を許すことに。以降大西は、さんまやその芸人仲間の村上ショージ(尾上寛之)、Mr.オクレ(六角慎司)、なんば花月の世話係であるおちゃこのおばちゃん(濱田マリ)らと共に笑い溢れる日々を過ごすようになる。


そんなある日、新喜劇の舞台に立つことになった大西は舞台上で大失敗してしまう。クビになりかけた大西を、さんまは自らの進退をかけて救う。そして、ひどいイジメを受けてきたと吐露する大西に“ミジメな過去は笑い飛ばせ”と伝え、この強烈なキャラクターを持った青年を人気芸人に育て上げようとさんまは決意。大西はその後、さんまによって「ジミー大西」と名付けられ、師に導かれるまま、高宮京子(木南晴夏)という専任マネージャーも付くほどの売れっ子芸人になっていく。数年後、“お笑い”という自分の居場所を見つけた大西だったが、それはさんまから与えられたものでしかないということにも気づき始めていた。芸人としての力のなさに悩み、引退も考える最中、テレビ番組の企画で絵を描くことになり、大西の思わぬ絵の才能が知れ渡り…。

■“アホ”みたいな“ホンマ”のエピソードが続々登場!


稀代のエンターテイナー・さんまさんが初プロデュースする連続ドラマは、ジミー大西役を中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が演じ、喋り方から佇まいまで本人とシンクロさせつつ、その心の内を豊かに彩り、魅力的なキャラクターを作り上げている。


今回解禁された予告編では、吉本興業に舞台進行見習いとして就職したジミーが、大失敗の反省を示すため、股間をひもで階段にくくり付け大騒ぎになるという、衝撃的シーンからスタート。騒動を聞きつけてやってきたさんまさんが思わず、「お前誰や?」と怪訝そうに聞くのが2人の出会いのシーンだ。

ほかにもジミーさんが巻き起こす“ありえへん”エピソードが目白押し。運転する車がなかなか進まず、「渋滞なんですわ」と嘆くジミーに、「ちゃうがな!前の車、駐車しとんねんて!」と突っ込むさんまや、初出演の吉本新喜劇で放送禁止用語を言ってしまい番組中断の大事故になったりと、「アホみたいなホンマの話」の数々が次々と登場、予告編だけでも存分に笑える内容となっている。

■豪華キャスト陣が盛り立てる!


また、予告編後半ではMISIAの歌うムード満点の主題歌「最後の夜汽車」とともに豪華キャスト陣も登場。佐藤浩市演じるTV局の名物プロデューサーをはじめ、池脇千鶴演じる大竹しのぶ、生瀬勝久演じるジミー大西の恩師とも言える野球部顧問の先生、宇野祥平演じるさんまさんの運転手など、運命的に出会い、笑いという絆で結ばれた仲間たちが時にツッコミ役、時にスパイスとなり物語を彩っていく。

そして最後に、さんまさんと、ジミーさん本人が登場。“ありえへん”エピソードの数々を「このドラマ、内容はほぼホンマやな」「はい、ホンマです」と証言。ジミーがさんまとたどった数奇な人生、ジミーを支える人々の愛と友情が、大いに笑ってホロリとさせるだろう。

明石家さんま
「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は、7月20日(金)よりNetflixにて独占配信。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top