来日したクリス・プラット、結婚報道後初の公の場に立つ玉木宏と対面

人気シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャパンプレミアが6月27日、都内で行われ、主演のクリス・プラットをはじめ、共演するブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ監督、脚本・製作総指揮を手がけたコリン・トレボロウが出席した

最新ニュース
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』科パンプレミア
人気シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャパンプレミアが6月27日、都内で行われ、主演のクリス・プラットをはじめ、共演するブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ監督、脚本・製作総指揮を手がけたコリン・トレボロウが出席した。

■“クリプラ”登場に大歓声! 最新作の見どころは…


まるで恐竜たちが暮らすジャングルのように、草木が茂った東京・六本木ヒルズアリーナに、クリスが到着すると、集まったファンは大歓声! 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』以来、2年連続2度目の来日に、クリス本人も「ワールドツアーの最終地にとっておきの国…、そう日本を選んだんだ」とご機嫌だった。また、ファンサービスの際には、自ら「危ないから、押し合わずに、ちょっとだけ下がって」と呼びかけるジェントルマンぶりも披露していた。


見どころについては「恐竜はもちろん、今回は火山が大爆発するんだ!」と興奮気味。また、前作から深い絆で結ばれたラプトルの“ブルー”について「今回は、赤ちゃん時代のブルーも登場するから見逃さないで」と目を細めていた。


■玉木宏が結婚報道後、初めて公の場に!


ジャパンプレミアには日本語吹き替え版で、主人公の声を担当する俳優の玉木宏が出席。先日、女優・木南晴夏との結婚が報道されて以来、玉木さんが公の場に登場するのは初めてで、ファンからは「おめでとう!」の声があがっていた。


玉木さん自身が結婚について語ることはなかったが、「もし次回作があるなら、僕の祖父の家がある島根県の隠岐で撮影していただければ。雄大な自然もありますし、お手伝いさせていただきます」と隣に立つクリスにアピールしていた。

この日は玉木さんに加えて、日本語ボイスキャストを務める木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃が駆けつけた。


■すでに世界興収780億円突破!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ってどんな映画?


前作の舞台となり、いまも多くの恐竜たちが生息するイスラ・ヌブラル島で、火山の大噴火が発生。恐竜行動学のエキスパートであるオーウェン(クリス・プラット)、同地で廃墟と化したジュラシック・ワールドの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)らが恐竜救出に向かう。そこで待ち受ける想像を超えたアドベンチャーとは?


先週、北米で公開されるや、日本円でオープニング興収約162億円を記録する大ヒットスタートを切った本作。すでに全世界累計興収は約780億円を突破している。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top