井之脇海×寛一郎×池田エライザで青春ミステリー「青と僕」待望の地上波放送へ

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、今年3月に日時限定で配信した『青と僕』 この度、本作品が地上波にて7月9日(月)より毎週月曜深夜に6週にわたって放送することが決定した。

最新ニュース
メインビジュアル「青と僕」
  • メインビジュアル「青と僕」
  • 場面写真「青と僕」
  • 場面写真「青と僕」
  • 場面写真「青と僕」
  • 場面写真「青と僕」
フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」にて、今年3月に日時限定で配信した「青と僕」。この度、本作品が地上波にて7月9日(月)より6週にわたって放送されることが決定した。

■あらすじ


都内のITベンダーに務めるぼく(井之脇海)は日々仕事に追われている。ある日突然、5年前に謎の死を遂げた親友のあいつ(寛一郎)から、届くはずもないメールが届く。その内容は、「自分のことを忘れるなんて許さない」という、ぼくへの憎しみがこもったメールだった。その謎のメールを皮切りにオフィスや自宅に嫌がらせが始まり、ぼくの周りで事件が起き始める。親友の死と身の回りに起きている事件はどんな関係があるのか、かつての高校時代の同級生の紫織(池田エライザ)と共に、事件の真相と、かつての高校時代を思い返していくなかで親友の死の真相を探り始める…。

場面写真「青と僕」
池田エライザ×吉沢亮共演で話題を呼んだドラマ「ぼくは麻理のなか」制作チームで贈る、オリジナル青春ミステリーとなる本作。主人公の“ぼく”を演じるのは、12歳で出演した黒沢清監督の『トウキョウソナタ』で数々の新人賞を受賞した井之脇さん。大河ドラマ「おんな城主 直虎」や連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演し注目を集める中、本作が連続ドラマ初主演となる。

また、謎の死を遂げてしまう“あいつ”役には、祖父に三國連太郎、父に佐藤浩市を持つ三世俳優としてデビューし、映画『心が叫びたがってるんだ。』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などへ出演、7月7日(土)に『菊とギロチン』の公開を控えている寛一郎さんが抜擢された。そして、“ぼく”と共に“あいつ”の死の真相や事件の真実を探る“紫織”役を、「ぼくは麻理のなか」や、7月7日(土)公開の『ルームロンダリング』主演、8月31日(金)公開の『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など、話題作への出演が続々と決定している池田さんが演じる。

場面写真「青と僕」
井之脇さんは「短い撮影期間の中、若いチームの勢いと集中力で撮りきりました。その熱量が作品にも出ていて、出来上がった作品を見て、僕もグッと引き込まれました。映像も音楽も編集も、全てがかっこよく、従来とは少し違ったドラマになっています」と、これまでにないドラマの誕生に感動を隠せない様子。「初共演だった寛一郎とは男同士ということもあり、いまでも仲が良く、ロケ地に再訪し思い出話に花を咲かせています(笑)」と告白すると、寛一郎さんも「撮影期間は短かったですが同世代の人達との現場は新鮮で楽しかったです。作品も面白いものになってると思います!」とコメント。

池田さんも、「3人がどこまでも青く美しかったお話と、3人がどこまでも不器用で下手くそだったお話。10数年の時を行き来しながら紐解かれていく“とある事件”を、是非目撃して下さい」と期待をさせるコメントを寄せた。

場面写真「青と僕」
さらにこのドラマを盛り上げるべく、製作サイドも次世代のトップクリエイターが集結。監督には、「サカナクション」や「水曜日のカンパネラ」などのミュージックビデオを監督した山田智和が、初の連続ドラマチーフ監督を務める。加えて「ぼくは麻理のなか」「下北沢ダイハード」を演出したスミスも参加し、他のドラマにはない、映像センス光る作品が仕上がった。脚本は岸田國士戯曲賞を受賞した「劇団ままごと」の柴幸男が務め、音楽はアニメ『ピンポン THE ANIMATION』「DEVILMAN crybaby」で劇伴を務めた牛尾憲輔が、初めて連続ドラマに楽曲を書き下ろした。繊細で美しい劇伴が、本作をよりドラマチックに彩る。劇中に使用されるイラストには、注目のイラストレーターのwatabokuが参加するなど、様々なジャンルのクリエイターが集結した意欲作が完成した。

また、本作は動画配信サービスFODにて、7月9日(月)24時より全6話を一挙配信、さらに毎週放送話を「FOD見逃し無料」にて期間限定無料配信する。人生の限られた瞬間にしか感じ得ない、“青さ”をテーマに紡がれた青春ミステリーを是非チェックして。

「青と僕」は7月9日(月)深夜25時30分~ほか毎週月曜フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top