ドラマ「銀魂2」“マダオ”立木文彦が出演! 「眠れないアル篇」ほかギャグ3篇映像化

「dTV」で配信されるオリジナルドラマ「銀魂2」の正式タイトルが、このほど「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」に決定。アニメ版で声優を務める立木文彦、映画に出演する堤真一も本ドラマに出演することが明らかになった。

最新ニュース
dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん- 」(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会                 (C)2018 エイベックス通信放送
  • dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん- 」(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会                 (C)2018 エイベックス通信放送
  • dtvオリジナルドラマ「銀魂2(予定)」(c)空知英秋/集英社 (c)2018映画「銀魂2(仮)」製作委員会(c)2018 エイベックス通信放送
「dTV」で配信されるオリジナルドラマ「銀魂2」の正式タイトルが、このほど「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」に決定。本作では、原作屈指の人気を誇る渾身の“ギャグ”エピソード3篇をドラマ化し、またアニメ版で声優を務める立木文彦、映画に出演する堤真一も本ドラマに出演することが明らかになった。

小栗旬主演の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が、来月8月に公開。前作『銀魂』公開時には、連動して「dTV」にてオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」が制作されたが、今回ドラマも映画同様に続編を制作。小栗さんをはじめ、前作ドラマのキャストが続投するほか、新たに神楽役の橋本環奈が出演することがすでに発表されている。

dtvオリジナルドラマ「銀魂2(予定)」(c)空知英秋/集英社 (c)2018映画「銀魂2(仮)」製作委員会(c)2018 エイベックス通信放送

原作ファンから熱い支持! ギャグ回3篇をガチで映像化


昨年は、「銀魂」屈指の泣けるエピソードと名高いミツバ篇を映像化したが、今回はギャグ一辺倒! 原作でも人気の高い3つのエピソードを映像化する。

まず、眠れないループに入った神楽が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時(小栗さん)を巻き込みなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」。ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、土方(柳楽優弥)が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」。そして、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成される。

声優・立木文彦、堤真一も参戦!


ドラマ版のみの出演キャラクターとして、“マダオ”こと長谷川泰三が登場! マダオは“まるでダメなおっさん”の頭字語で、何をやってもうまくいかないキャラクターではあるものの、かつては幕府の要職も務めたこともある謎の多い人物。そんな原作でも人気のキャラを演じるのは、アニメシリーズでも同キャラクターの声を担当する声優・立木文彦。

dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん- 」(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会                 (C)2018 エイベックス通信放送
「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの碇ゲンドウ役や、様々な番組のナレーションなども担当するベテラン声優の立木さんが、今回ドラマにまさか出演決定! 立木さんは「もともと実写版『銀魂』の予告編のナレーションを去年やっていたので、今回のオファーを頂いた時に『あれ、もしかして…?(今年もナレーションかな?)』と思いました。でも福田監督からお声があったということで、ビックリしました!」とふり返り、「自分なりの今やれることの精一杯のことは、かなりやったつもりではいますので、長谷川泰三(=マダオ)を、愛をもって見守っていてください!」とメッセージを寄せている。

さらに、映画版で“松平片栗虎役”を演じる堤真一も参加決定。ドラマ版でも全編にわたって重要なポジションで出演しているという。

いまからでも間に合う! 「銀魂」シリーズ総ざらいのチャンス


なお、「dTV」では2017年に公開の映画『銀魂』を、8月20日(月)から2019年2月19日(火)までの6か月間、見放題で配信! さらに、dTV歴代No.1の視聴数を獲得し、配信ドラマとして驚異の大ヒットを記録した「銀魂-ミツバ篇-」に加え、アニメシリーズ(第1話~第316話)やムービーコミックも配信中だ。

dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」は8月18日(土)0時~dTVにて配信(全3話)。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top