福士蒼汰が大人気コミックの実写に挑む!映画『BLEACH』はイマ旬キャストがアツい

「週刊少年ジャンプ」にて代表作の1つとして人気を集める、久保帯人原作による漫画「BLEACH」。アニメ化もされ話題に事欠かない本作が、満を持して実写化される。今回はそんな映画『BLEACH』の魅力や、キャストについてまとめてみた。

映画
『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
  • 『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
「週刊少年ジャンプ」にて代表作の1つとして人気を集める、久保帯人原作による漫画「BLEACH」。アニメ化もされ話題に事欠かない本作が、満を持して実写化される。今回はそんな映画『BLEACH』の魅力や、キャストについてまとめてみた。

■原作は久保帯人の言わずと知れた代表作


『BLEACH』コラボビジュアル(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会2016年8月、連載が終了したばかりの「BLEACH」が、福士蒼汰主演で実写化されることが明らかになった。原作は2001年より「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始するやいなや、瞬く間に国民的人気コミックへと上り詰め、既刊73巻で累計発行部数8,700万部、全世界シリーズ累計は1億2,000万部というメガヒット、日本だけでなく海外のファンも多数持つ久保帯人の代表作だ。

製作発表時、今回の実写化に驚いたと話す福士さんは、「自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います」と意気込み、「15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います」とコメントを寄せた。

■あらすじ


『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会幽霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護。そんな彼の平和な日常は突然、壊れた。人の魂を喰らう巨大な悪霊・虚<ホロウ>が現れたのだ。自身と家族の命が狙われる中、死神と名乗る謎の女・朽木ルキアが現れ、一護たち家族を守ろうと必死に虚と抗戦するが重傷を負ってしまう。絶望的な状況下、ルキアは最後の手段として本来は人間に分け与えてはいけない死神の力の一部を一護に渡すのだった…高校生兼死神代行となった一護の、虚との壮絶な戦いが始まる――。

原作顔負け?いま最も旬なアツいキャストが大集合


福士蒼汰/黒崎一護役

『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会霊が見えること以外は普通の高校生で、ルキアと出会ったことで死神代行として闘いに身を投じる黒崎一護を演じるのは、『好きっていいなよ。』『ストロボ・エッジ』『曇天に笑う』などコミック原作の映画に相次いで出演する福士さん。原作の久保氏も「唯一心配なのは一護の髪の色かなー! あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」と気にしていた点も、しっかり再現されている。

杉咲花/朽木ルキア役


『BLEACH』(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会一護とともに物語のキーパーソンである朽木ルキア役を演じるのは、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でその知名度を一気に高め、『湯を沸かすほどの熱い愛』では第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞と新人俳優賞をW受賞する快挙を達成した杉咲花。杉咲さんは、「ルキアという逞しく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました」と演じるにあたって研究を重ねたという。

吉沢亮/石田雨竜役


『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などに出演し、現クール「GIVER 復讐の贈与者」「サバイバル・ ウェディング」と2本のドラマを抱え、今後も『あのコの、トリコ。』など主演作の公開が控える吉沢亮が演じるのは、福士さん演じる一護を目の敵にするクラスメイトの石田雨竜。雨竜は成績優秀な生徒だが、実は死神を嫌っており、一護を含む死神に対抗する“滅却師(クインシー)”という種族の生き残りだ。弓状の武器を使用し、劇中ビジュアルでもその武器を持ち、鋭い眼光を放つ姿が話題となった。

早乙女太一/阿散井恋次役


『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会死神・朽木白哉の部下であり、一護を狙う阿散井恋次役に抜擢されたのは、映画や舞台で活躍し、福士さんとは「劇団☆新感線」の舞台「髑髏城の七人 Season月」に続き、2回目の共演となる早乙女太一。こちらも原作同様、長い赤髪を結んでおり、眉毛から額、首から上半身にかけて派手な刺青を入れている点も再現されている。ルキアとは幼馴染で、死神界の掟を破ったルキアを連れ戻すために、一護に対して刀を向けるという役どころだ。

MIYAVI/朽木白哉役


『BLEACH』場面写真(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会ルキアの義兄・朽木白哉を演じるのは、世界を舞台に活躍するギタリストでありつつ、『不屈の男 アンブロークン』『キングコング:髑髏島の巨神』など、ハリウッド映画でも活躍しているMIYAVI。白哉は冷静沈着かつ厳格な性格で、死神の中でも血筋・実力ともに抜きん出た存在として描かれている。死神界の掟を破ったルキアを現世から連れ戻すために、一護たちの前に立ちはだかる。

脇を固めるキャストには実力派たちが勢ぞろい


『BLEACH』 (C)久保帯人/集英社 (C)2018映画「BLEACH」製作委員会注目すべきはメインキャストだけにとどまらない。幼い一護を虚<ホロウ>から命を賭して守った母・黒崎真咲(くろさき まさき)を、長澤まさみ。妻の真咲をなくして以来、男手ひとつで子育てに奮闘する前向きで熱血な父・黒崎一心(くろさき いっしん)を、江口洋介。街の片隅で古びた店を営んでいるが、裏では現世で虚と戦う死神を援助する、風変りな出で立ちの商店主・浦原喜助(うらはら きすけ)を、田辺誠一。一護のクラスメイトで、天然な性格とアイドル顔負けの容姿を持つ井上織姫(いのうえ おりひめ)を真野恵里菜が、“チャド”の愛称で呼ばれる、寡黙で無表情だがケンカが強く、屈強な身体を持つ茶渡泰虎(さど やすとら)を小柳友が演じる。特に長澤さん演じる母・真咲は、“護る”という言葉が一護にとって大きな意味を持つようになる重要な役どころだ。

■予告編で原作を超える迫力を見よ!



予告編では、福士さん演じる一護とルキアの兄・朽木白哉(MIYAVIさん)との対決シーンや、ルキアを追う死神の阿散井恋次(早乙女さん)との斬り合いなど、迫力あふれる死神たちの激闘シーンが満載だ。

さらに長澤さん演じる、幼い頃の一護を人間の魂を喰らう悪霊・虚<ホロウ>から命を賭して守った一護の母・真咲、前向きで熱血な一護の父・一心(江口さん)、そして、現世で虚<ホロウ>と戦う死神を援助する浦原喜助(田辺さん)。さらに、クラスメイトの井上織姫(真野さん)、“チャド”こと茶渡泰虎(小柳さん)のシーン映像も収録し、原作ファンの気になる要素もふんだんに取り入れた映像となっている。

■福士蒼汰、『BLEACH』公開直前イベントにて浴衣JKに「ドキドキしています!」


『BLEACH』公開直前イベント(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会映画『BLEACH』の公開直前イベントが7月16日(月・祝)に行われ、主演の福士さんが登場。うちわをひとりひとりに手渡しするサプライズも行われた。独占試写会のドレスコードは“浴衣”ということで、登場した福士さんは「すごく近いですね! この人数でこういった試写会を行うことは中々ないですし、しかも今日は浴衣で来ていただいて、すごく特別な感じがしますね。ドキドキしています!」と挨拶。

黒崎一護を見事に演じきった福士さんだが、「自分と一護は少し違うかなと思っていて、ポケットに手突っ込んで眉間にしわを寄せたり、荒々しい行為とかも普段はしないので、結構難しかったです」と苦労を明かし、「それを皆さんに見てもらって、どうだったか気になります」と言うと、客席からは「カッコよかったー!」という声がかけられ、照れた様子もみせていた。


■[ALEXANDROS]とのコラボが、より作品をスリリングにする!



本作の主題歌を担当するのは、人気ロックバンド・[ALEXANDROS]。いま絶大な人気を誇るバンドとの“究極”コラボPV映像も公開されている。本作の主題歌「Mosquito Bite」と挿入歌「MILK」の2曲を提供しており、今回のコラボ映像では、主題歌「Mosquito Bite」のロック調のアップテンポなビートに乗せ、死神代行として熱く生きる主人公・黒崎一護(福士さん)が、愛する者を護るため次々と迫る最凶・最悪の強敵たちとノンストップ超高速バトルを繰り広げる様子が描かれていく。

本作とのコラボにはエピソードがあり、まだ未完成の本編鑑賞後、佐藤信介監督との打ち合わせで「イメージに合う楽曲がある」と、その場でボーカル&ギターの川上洋平が携帯に入っていたデモ音源の「MILK」を披露したという。こうして主題歌が出来上がる前に挿入歌が決定し、その後、監督のイマジネーションと合致した主題歌も完成。幾度となくやり取りを繰り返して仕上がった2つの楽曲は、エンドロールだけでなく本編の要所要所でも流れ、通常の主題歌&挿入歌を越えた究極のコラボレーションが実現している。


■あのバトルシーンはどう撮影している?気になるメイキングもチェック!



メイキング映像は、各々が心に決めた“護る”べきもののために闘うアツい男たちの姿が収められている。クライマックスとなる、“空座町”を再現した大規模なオープンセットで撮影が行われている様子や、大破した車や燃え上がる炎からも、壮絶なバトルシーンであることがうかがえる。

大がかりなクレーンやCG機材、ワイヤーワークなど、高度な技術を駆使する佐藤監督と、日本映画界を代表する最も旬なキャストが作り上げた世界観、こだわり抜いたアクションシーンの裏側は必見だ。このクライマックスシーンは、20分のシーンを2週間かけて撮影したそうで、監督のこだわりを感じずにはいられない。各キャストとコメントも収録されており、お互いをリスペクトしながらの現場ゆえに、完成度にも期待が持てる。

監督がクランクアップ後、さらに約1年以上かけてCG制作作業が施されるなど、あらゆる面で邦画の規格を超えてくる映画『BLEACH』をぜひチェックして。

『BLEACH』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top