プーと過ごした“少年時代”と“現在”描く『プーと大人になった僕』日本版予告

ディズニーの人気キャラクター“プーさん”とユアン・マクレガー扮する大親友のクリストファー・ロビンの“奇跡の再会”からはじまる感動の物語を描く実写映画『プーと大人になった僕』。この度、新たな映像で構成された日本版予告映像が到着した。

映画
『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
  • 『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
  • 『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
  • 『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
  • 『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
ディズニーの人気キャラクター“プーさん”とユアン・マクレガー扮する大親友クリストファー・ロビンの“奇跡の再会”からはじまる感動の物語を描く実写映画『プーと大人になった僕』。この度、新たな映像で構成された日本版予告映像が公開された。

>>『プーと大人になった僕』あらすじ&キャストはこちらから

「くまのプーさん」初の実写映画化となる本作。“少年時代”と”現在”の映像の両方が映し出される予告編では、クリストファー・ロビンとプーが“100エーカーの森”で一緒に過ごした少年時代からスタートし、挿絵で有名な「棒投げ橋」を覗き込むシーンも登場。

そして、大人になったクリストファー・ロビンは、仕事中心の忙しい毎日を送っており、妻イヴリンと娘マデリンと故郷で過ごす予定にしていた週末にまで、仕事を任されてしまう。そんな悩むクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての親友プーだった。プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたクリスファー・ロビンは、懐かしい100エーカーの森へ出かけ、ピグレット、ティガー、イーヨーらと再会。森の仲間たちが動き、話す姿、親友のためと懸命に考える姿はとても愛らしい。

『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
しかし、再会し喜んだのも束の間、彼は仕事に戻らなければならないことを思い出す。「風船より大切?」と悲しむプーたちをよそに、急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンだが、重要な書類を忘れてしまっていた。彼の忘れものに気づいたプーと仲間たちは、初めて100エーカーの森を飛び出し、クリストファー・ロビンの娘マデリンの力を借りてロンドンへと向かう――。


そして映像終盤には、肩を寄せ合うクリストファー・ロビンとプーさんの“少年時代”と”現在”、変わらない姿が描かれている。

『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
『プーと大人になった僕』は9月14日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top