「24」製作総指揮者、ジャック・バウアーの過去に迫る前日譚を企画中

長年「24 -TWENTY FOUR-」シリーズを手掛けてきた製作総指揮のハワード・ゴードンが、共同クリエイターのジョエル・サーノウ&ロバート・コクランと「24」の前日譚ドラマを企画中だ。

最新ニュース
キーファー・サザーランド-(C)Getty Images
  • キーファー・サザーランド-(C)Getty Images
  • キーファー・サザーランド-(C) Getty Images
  • コーリー・ホーキンズ-(C)Getty Images
  • 「24:レガシー」(c) 2017 Fox and its related entities. All rights reserved.
長年「24 -TWENTY FOUR-」シリーズを手掛けてきた製作総指揮のハワード・ゴードンが、共同クリエイターのジョエル・サーノウ&ロバート・コクランと「24」の前日譚ドラマを企画中だ。「The Wrap」によれば、この前日譚はジャック・バウアーの過去に迫った物語で、脚本は前述の3人が担当するという。現時点での製作開始日、放送日などは未定。

ジャック・バウアーといえばキーファー・サザーランドのハマり役として有名だったが、今作はジャックの過去に焦点が当てられるため、キーファーより若い俳優がジャックを演じることが予想される。

「24」はシーズン1からシーズン8('01~'10)、「24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ」('14)と長期間に渡って人気を集めたアクション・サスペンスドラマ。昨年はスピンオフドラマ「24:レガシー」を放送したが、視聴率が伸びずに1シーズン限りでの打ち切りが決定。「24:レガシー」はオリジナル版のキャストが数名出演するも、コーリー・ホーキンズ演じるエリック・カーターが主役でジャック・バウアーは登場しない、全く新しい「24」だった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top