テイラー・スウィフト、ライブ中に過去のセクハラ裁判を思い出し涙

8月14日(現地時間)はテイラー・スウィフトにとって忘れられない日だった。「People」誌によれば、ライブの途中、涙ながらに昨年の同日の出来事について語り出したのだという。

最新ニュース
テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
8月14日(現地時間)はテイラー・スウィフトにとって忘れられない日だった。今年はフロリダ州タンパのステージで「Reputation Tour」を行っていたテイラーだが、「People」誌によれば、ライブの途中、涙ながらに昨年の同日の出来事について語り出したのだという。「1年前、私はタンパのスタジアムでライブをしていたわけではなかった。コロラド州デンバーの法廷にいたの。陪審員たちが私を支持し、私のことを信じると言ってくれた日だったわ」。

2013年、テイラーはショーのバックステージで写真撮影をしている時、元DJのデヴィッド・ミューラーにお尻をわしづかみにされるというセクハラ被害を受け、訴訟を起こした。結果、昨年8月14日にテイラーが勝訴し、デヴィッドは1ドルの損害賠償を払うことに。テイラーは金銭目的ではなく、女性のために立ち上がりたいという理由で1ドルを請求していた。

テイラーは14日のライブでこの訴訟問題を思い出し、こういった被害に遭っても人々が声を上げられないのは、「信じてもらえないと思ってしまうからなんだと思う」とファンに向かって意見を述べた。「私に起きたことを信じてもらえていなかったら、人生がどんな風になっていたかわからないわ」。また、テイラーは浮き沈みの激しい人生を送る中、寄り添ってくれるファンが支えになっていると感謝。感動した多くのファンは、観客席でこのセクハラ訴訟の勝利のシンボルとなった1ドル札を掲げてテイラーに声援を送ったそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top