西村義明プロデューサー「高畑勲さんに1本頼むつもりだった」と短編劇場への思いを明かす

ポノック短編劇場『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会が8月19日(日)、品川ステラボールにて行なわれた。

最新ニュース
『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/西村義明プロデューサー
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/西村義明プロデューサー
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/木村文乃
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/木村文乃
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/木村文乃・鈴木梨央・米林宏昌監督
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/坂口健太郎
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/篠原湊大
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/百瀬義行監督
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/田中泯
ポノック短編劇場『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会が8月19日(日)、品川ステラボールにて行なわれ、声優を務めた木村文乃、鈴木梨央(『カニーニとカニーノ』)、尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎(『サムライエッグ』)、田中泯(『透明人間』)、米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督、エンディングテーマを担当した木村カエラ、西村義明プロデューサーが出席した。

■出来上がったのは6日前!



本作は、長編アニメーション映画『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが贈る短編「ポノック短編劇場」第一弾。「ちいさな英雄」をテーマに、大冒険ファンタジーの『カニーニとカニーノ』、母と少年の愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで描いた『透明人間』の三つの物語が描かれる。

西村プロデューサーは「完成したのは6日前でした。ギリギリまでいいものを作ろうと思って」と粘りに粘って作品を完成させたことを明かすと、三篇で構成されている本作について「実は四本あったんです」と語る。

その四本目とは、今年2018年4月に死去した巨匠・高畑勲監督にお願いしようと思っていたと西村プロデューサーは打ち明ける。西村プロデューサーと高畑監督は、スタジオジブリ時代『かぐや姫の物語』などでタッグを組んだ間柄。高畑監督を師匠と仰ぐ西村プロデューサーは「高畑監督に教えていただいたものは作品に入っていると思います」と自信をのぞかせると「よく高畑さんとは『人は死んだらどうなるんだろう』という話をしていました。草葉の陰ではないですが、今日もちゃんと観てくれていると思います」と力強く語っていた。

■三者三様、個性的な作品が勢ぞろい!


自身初となるオリジナルストーリーで挑んだ『カニーニとカニーノ』の米林監督は「全編カニ語で物語は進んでいきます」とユニークな発想の物語であることを明かすと、木村文乃の弟役・カニーノを演じた鈴木さんは「木村さんと二人でアフレコしたのですが、気づいたら2時間がたっていました」と時間を忘れるほどのめり込めたという。

巨匠・高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才・百瀬監督は『サムライエッグ』のキーワードを“歯”と語ると「生命とか成長の象徴として見えるといいなと思いました」と理由を述べる。

宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーターである山下監督は『透明人間』を製作。キーワードを“存在”と語ると「そこいるのに、いないも同然という扱いを受ける人を描きました」と説明する。本作で盲目の老人を演じた田中さんは、目を閉じてアフレコに臨んだというが「見えているのと見えていないのでは、まったく違う」と役作りについて語っていた。

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』は8月24日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top