松本潤&深田恭子、北海道での撮影を報告「楽しく撮影している最中」

ドラマ 「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」の取材会が行われ、「嵐」松本潤と女優・深田恭子が出席した。

最新ニュース
北海道150年記念ドラマ 「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」
  • 北海道150年記念ドラマ 「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」
  • 松浦武四郎 (C) 松浦武四郎記念館蔵
  • 深田恭子/『空飛ぶタイヤ』レッドカーペットイベント&完成披露試写会
2019年春放送予定の北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」の取材会が行われ、出演する「嵐」松本潤と女優・深田恭子が出席した。

■“北海道”と名付けた男の物語


“北海道”と命名されてから150年という節目に放送される本作は、そんなかつて“蝦夷地”と呼ばれていた北の大地を北海道と命名した松浦武四郎の物語。

松浦武四郎 (C) 松浦武四郎記念館蔵
三重県松阪市の出身の武四郎は、生涯6回にわたり蝦夷地を調査。蝦夷地の山や川や一万に近い膨大なアイヌ語の地名を記した初めての詳細な地図を刊行し、明治維新に際しては、新政府による北海道への11国86郡の設定にも関わり、この区分けは現在北海道の行政区画の基になっている。アイヌの人々の暮らしや文化を紹介するために多くの記録を残した武四郎。彼なくしていまの北海道は生まれ無かったであろう。

■撮影快調を報告!


そんな武四郎を演じる松本さんは、「ご縁あってこの大役を演じさせていただけることを嬉しく思っています」と喜び、「現在、北海道で楽しく撮影している最中です」と現在の撮影の様子を明かす。そして、「多くの方に北海道の魅力やアイヌの文化、そして幕末の歴史に触れていただくきっかけになればと思います」と本作をアピールしている。

一方、武四郎が出会うアイヌの女性・リセ役の深田さんは、「北海道150年記念ドラマということで、この作品に参加できることを嬉しく思います。アイヌの方々の誇り高き生き方を丁寧に演じられたらと思っております」とコメントしていた。


また今回取材会が行われたのは、北海道沙流郡平取町。この日は、幕府に任命されて再び蝦夷地調査を行う武四郎が、道中、リセの住むコタンを久しぶりに訪れる。以前、いくつもあった小屋は廃屋になっていたが、リセの小屋には人の気配があった…という場面の収録が行われていた。

現在も北海道内各地で撮影が続いているという本作。今後の完成が待ち遠しい。

北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」は2019年春、総合テレビにて北海道先行後全国放送。BS4Kでも放送予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top