チャールズ皇太子、「GQ」誌「メン・オブ・ザ・イヤー」の特別功労賞を受賞

イギリス版「GQ」誌が今年も「メン・オブ・ザ・イヤー」授賞式を開催し、多くのセレブが出席した。受賞者の1人、チャールズ皇太子の姿も見られた。

最新ニュース
チャールズ皇太子 (C) Getty Images
  • チャールズ皇太子 (C) Getty Images
  • チャールズ皇太子 (C) Getty Images
  • チャールズ皇太子 (C) Getty Images
  • チャールズ皇太子-(C)Getty Images
  • チャールズ皇太子&ヘンリー王子-(C)Getty Images
イギリス版「GQ」誌が今年も「メン・オブ・ザ・イヤー」授賞式を開催し、多くのセレブが出席した。受賞者の1人、チャールズ皇太子の姿も見られた。

政治、エンタメ、スポーツなどの各界においてその年で輝かしい功績を残した人に贈られる「メン・オブ・ザ・イヤー」。「ソロ・アーティスト賞」にデュア・リパ、「ファッション・アイコン賞」にナオミ・キャンべル、「俳優賞」に『ゲット・アウト』のダニエル・カルーヤが選ばれた中、チャールズ皇太子は「慈善活動における特別功労賞」を受賞した。編集者のディラン・ジョーンズは、今年はイギリス版「GQ」誌が30周年を迎えた記念すべき年であるため、チャールズ皇太子にこの賞を特別に贈りたかったと語っている。

環境、建築、若者が羽ばたく応援など様々な分野をサポートする400以上の慈善団体のパトロンを務めているチャールズ皇太子。自身もNPO団体「The Prince's Charities」を主催し、年間に約1億4000万円の寄付金が集まるという。1976年に設立した「The Prince's Trust」は、これまでに90万人以上の若者の教育や就職をサポートを行ってきた。

今回は「特別功労賞」を受賞したチャールズ皇太子だが、実は「GQ」誌「ベストドレッサーランキング」の常連でもあり、今年は50人中20位に選ばれている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top