土屋太鳳&芳根京子“1人2役=2人1役”に挑む…『累』のダーク・シンデレラストーリーをチェック!

もしも他人と顔を入れ替えれたとしたら…“美醜”をテーマにした人気コミック「累-かさね-」が実写映画化。キスを引き金にして“顔”が入れ替わる、衝撃の設定に挑んだスタッフ・キャスト、そして本作の魅力をまとめた。

映画
『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』原作画  (C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
  • 横山裕、壇れい、浅野忠信/『累-かさね-』(C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
  • 土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子/『累-かさね-』完成披露試写会
もしも他人と顔を入れ替えれたとしたら…“美醜”をテーマにした人気コミック「累-かさね-」が実写映画化。キスを引き金にして“顔”が入れ替わる、衝撃の設定に挑んだスタッフ・キャスト、そして本作の魅力をまとめた。

■ストーリー


伝説の女優を母に持つ淵累は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌を恨み続けて生きてきた。そんな彼女に母が遺した一本の口紅。その口紅は、キスした相手と<顔>を入れ変えることができる不思議な力を秘めていた――。一方、美貌を持ちながらも、花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ。彼女はとある理由から、女優として大成することに異常な執念を募らせながら日々を過ごしていた。

“美貌”と“才能”、互いの足りない部分を埋めるように導かれ、出会った累とニナ。反発しながらも互いの目的の為、口紅の力を借りて、入れ替わることを受け入れる。ニナの“美しさ”と累の“演技力”、二つを兼ね備えた「女優・丹沢ニナ」は、一躍脚光を浴び始める。しかし、その成功はやがて2人の運命を大きく変えていく――。

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社

■原作は松浦だるまによる美醜をめぐるどろどろストーリー!


原作は、現在14巻が発売され、2013年から2018年まで連載された、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ衝撃作だ。美醜をめぐる人間の業という究極の命題を描き出し、その息もつかせない展開にファンが急増。

それぞれが入れ替わり、成功を手にしようという、これまでのシンデレラストーリーとは一線を画す展開も大きな見どころの一つ。そして成功したかのように思えた矢先、彼女たちの意思と反して、転がるように堕ちていく人間模様に注目が集まっている。

『累-かさね-』原作画  (C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
松浦氏は、本作の原作再現率について「映画に対して私は再現を求めていないので、“再構築”という言葉を使わてもらっています」と断った上で、「女優さんが役を演じる上で当たり前かもしれないけど、原作とは違う顔の作りをしていて、漫画のデザインとは違うけど、映画を見たときに累とニナだなって思った。『魂が同じ』と言うとクサいけど、『血液が同じ』というか、すごくいい再構築をしていただきました」と語っている。

■朝ドラ主演女優がダークなストーリで共演!


『累-かさね-』(C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社本作で初共演となる土屋さんと芳根さん。2人とも過去に朝ドラの主演経験者というだけあり、本作のようなダークなストーリーに出演することで、これまでとは違った顔を見ることができる。

土屋太鳳/丹沢ニナ役


土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会土屋さんが演じるのは、演技の才能に悩む舞台女優・丹沢ニナと、ニナの顔をした累(かさね)。朝ドラ「まれ」のヒロインで脚光を浴び、『トリガール!』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、『となりの怪物くん』など主演作が続く、いま最も旬な若手女優だ。

映画以外にもCM、バラエティで溌剌としたキャラを見せているだけに、本作ではそのキャラを封印し、新たなヒロインへと変貌を遂げる姿に大きな注目が集まっている。

共演の芳根さんについて、「芳根さんの瞳は近くで拝見すればするほど本当にキラキラと美しくて、多くの人に愛され守られているかたなのだなと実感します」と語っている。

芳根京子/淵 累役


芳根京子/『累-かさね-』完成披露試写会芳根さんは、伝説の女優と呼ばれた淵透世の娘で自らの顔が醜いと恨み続ける累(かさね)と、累の顔をしたニナに挑戦。2016年の「べっぴんさん」でヒロインに抜擢され、『心が叫びたがってるんだ。』でも熱演を見せる。

本作ではその愛らしい顔立ちからは想像もつかない累の容貌に近づくべく、インパクト大な特殊メイクを施す。まさに、イメージを覆す人生をかけた大舞台に挑んでいく姿は必見。


初共演となった土屋さんについて「小柄でほんわかしているのに、ものすごくパワーのあふれる方で、とても心強いです。『頑張ろうね』と優しく手を握ってくださって嬉しかったです。たくさん頼ってしまうと思いますが、支え合いながら累とニナを創りあげれるよう私も頑張ります」と明かしている。


脇を固めるキャストにも要注目!


『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社ほかにも、ニナと累の2人に愛され、2人の対立を生むきっかけとなる新進気鋭の演出家・烏合零太役を演じるのは、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』で主演も務め、映画やドラマバラエティとマルチに活躍する「関ジャニ∞」の横山裕

累の母で「伝説の女優」の名をほしいままにしていた淵透世役を、『ママレード・ボーイ』では主人公の母親役を演じた檀れい

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
淵透世の過去と口紅の秘密を知る元演出家で、累とニナを引き合わせ、顔の交換を提案して2人の人生を大きく変えていく羽生田釿互役を、国内外で活躍し続ける浅野忠信が演じる。

名実ともに日本の映画界を牽引する俳優たちが脇を固めている。

■予告編ではAimerの主題歌も要チェック!




予告編では、土屋さんと芳根さんが“キス”で顔を入れ替えるシーンをはじめ、2人が激しく罵り合い、揉み合う衝撃場面も。そして「関ジャニ∞」横山さん、檀さん、浅野さんら共演者の姿も確認することができる。

ミステリアスかつシリアスな本作の内容に、本作のためにAimerさんが書き下ろした「Black Bird」のエモーショナルな歌声がマッチした映像に仕上がっている。

「Black Bird」は、主人公の心の叫びを儚くも力強く表現した、映画の世界観に浸れる楽曲。Aimerさんは「たったひとつの口紅のもとに為す術なくもつれ合い折り重なってゆく2人の女性の運命を、一足先に目撃させていただきました。憎み、怯え、絶望し、ときに泣きじゃくり咆哮し狂気を渦巻かせながら、それぞれの孤独の中で2人がもがき争うさまに、息を飲み見入りました。本当の美しさとは、醜さとは? ついつい問いかけてしまいます」と本作の魅力を語った。

■こんな土屋太鳳見たことない!妖艶に舞う本編ダンス映像公開




本作最大の見どころでもある、女の劣等感や嫉妬心が渦巻く“欲望ドロドロバトル”を形容するかのようなダンスシーン。それは劇中劇「サロメ」で土屋さんが見せる「七つのヴェールの踊り」だ。

これまで土屋さんはシーアのMVや、2016年の「NHK紅白歌合戦」、ドラマ版「チア☆ダン」など、様々な場面でダンスを披露してきた。しかし本作のダンスシーンは、これまでの土屋さんでは見ることがなかった、狂気と妖艶さをはらんだものとなっている。

土屋太鳳ダンスシーン/『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
本作のダンスシーンの振付を担当したのは、2007年に日本人男性ダンサーとして初めてシルク・ドゥ・ソレイユに起用され、有名アーティストへのダンス指導や振付も行っているダンサー・辻本知彦。シーアのMV、紅白歌合戦に続き、土屋さんとのタッグは3度目となる。本編映像ではダンスシーンのほかに、モノクロ演出によるメイキングも収められている。

■出演者が抱く優越感&劣等感とは?


『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社本作のテーマとして「優越感と劣等感」があるが、舞台あいさつではそれぞれが抱く優越感、劣等感を告白することに。

土屋さんは「優越感については、私はお酒が好きなんですが、ある程度、強い方と(お酒を)お付き合いすることができる。それがうれしい。強いほうでよかったなと思います」と作品同様に意外な素顔を披露した。劣等感については「寝顔」とはにかみ、「笑いを誘う寝顔。半目が開いてたり。ひどいときは家族が写真を撮ったりしている」とお茶目な一面を見せてくれた。

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
横山さんは「ライブをしていると、『関ジャニ∞すごいな』って優越感はすごいあります」とニヤリ。一方、コンプレックスでは「色の白さ。僕がカメラ前に立つと、照明さんが『照明変えなきゃ』とザワつく」そうで、これには登壇者陣も会場も大爆笑だった。

■監督がこだわったシーンは土屋さんと横山さんのキスシーン?


映画『累 -かさね-』ファンミーティング/佐藤祐市監督『ストロベリーナイト』などを手掛けた佐藤監督は、物語のカギとも言えるキスシーンの撮影にこだわったそう。横山さんが演じた舞台演出家の烏合と土屋さん演じる累のキスシーンについて「1回、本番やってみたら、意外とサラッとしてて『それはないでしょ! 横(=横山さん)、もうちょっと行くでしょ』と言いました」と横山さんにもっと熱烈なキスをするようを煽ったと告白。

「(烏合が累を)求めるようなキスをやって! と言ったんですが、横山くんの中にも『俺、こういうキスするんだ?』という発見があったみたいです(笑)」とその場にいない横山さんの想いを代弁(?)して、客席からは笑いが起こっていた。

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
土屋さんと芳根さんが1人2役=2人1役という難役に挑み、“朝ドラヒロイン”のイメージを見事に覆した本作に改めて注目したい。

『累-かさね-』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top