志尊淳がスポーツ庁を表敬訪問!鈴木大地長官との対談が実現…『走れ!T校バスケット部』

実話に基づいた同名小説を、汗と涙の直球青春スポーツ映画として実写化した『走れ!T校バスケット部』。この度、本作がスポーツ庁とのコラボレーションが決定したことを受け、主演の志尊淳が鈴木大地長官を表敬訪問し、2人の対談が実現した。

最新ニュース
志尊淳と鈴木大地長官による対談『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
  • 志尊淳と鈴木大地長官による対談『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
  • 志尊淳と鈴木大地長官による対談『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
  • 『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
  • 『走れ!T校バスケット部』ティザービジュアル(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
  • 『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
実話に基づいた同名小説を、汗と涙の直球青春スポーツ映画として実写化した『走れ!T校バスケット部』。この度、本作がスポーツ庁とのコラボレーションが決定したことを受け、主演の志尊淳が鈴木大地長官を表敬訪問し、2人の対談が実現した。

>>『走れ!T校バスケット部』あらすじ&キャストはこちら

■和やかなムードの中、対談がスタート!



志尊淳と鈴木大地長官による対談『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
鈴木長官がいる長官室に少し緊張した面持ちで志尊さんが入室すると「生きているうちにスポーツ庁さんに入らせて頂く機会があるとは1ミリも思ったことがなかったので、すごく緊張していました」と語ると、鈴木長官は温かい笑顔で迎え、和やかなムードの中、対談がスタート。

鈴木長官から「全編、涙なしでは見られないストーリーでしたね! 悩みを抱えながら部活動をしている方々もいると思いますが、この作品を観れば勇気をもらえると思います」と大絶賛した。

志尊さんも「僕をはじめ共演者のみんなはバスケの経験がなかったのですが、作品の中ではしっかりとプレーしなければいけない役どころだったので、撮影の約3ヶ月前から日々練習しました。パスからシュートまでの過程をみんなで練習することで、すごくコミュニケーションが深まっていって、終わった後には言葉を交わさずとも自然にチーム一丸となっていました」と、スポーツを通じてコミュニケーションの大切さや深さを学んだこと打ち明けた。

■なんと7つのスポーツを経験していた志尊さん!



『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
鈴木長官は「みなさんバスケット未経験には見えませんでした!」と、志尊さんたちの演技に驚いた様子。しかも志尊さんは、過去に剣道・水泳・野球・サッカー・ソフトボール・ボクシング・総合格闘技を経験しているという。

「野球は約8年間やっていてキャッチャーだったので体が大きかったのですが、俳優を目指すとき18Kg痩せました!」とスポーツと俳優での体系維持の苦労話を語るも「スポーツがない生活はなかったです」と、自身とスポーツの切っても切れない縁を熱く語った。

■志尊さん「楽しく部活動ができることが一番大切」



『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
「スポーツ庁でも多くの取り組みをしていますが、国民のみなさまにもいろいろなスポーツをやってみて、一番自分が向いているスポーツや楽しいと思ったスポーツを一所懸命にやってみてほしいです」と語る鈴木長官。

志尊さんも、作中の透になぞらえて「『このスポーツが好き!』『この部の雰囲気が好き!』『環境が好き!』など様々な理由があったので、楽しく部活動ができることが一番大切かなと思いました」と語った。

また、鈴木長官は志尊さんが胸につけている胸にパラリンピックのバッチを見て感謝の意を述べると、「志尊さんにスポーツ好きだと言って頂けると、スポーツ人口が5%くらい上がった気がしますね(笑)」と場を和ませていた。

『走れ!T校バスケット部』は年11月3日(土)より全国東映系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top