『007』最新作、世界公開は2020年2月14日 新監督はキャリー・ジョージ・フクナガに!

『Bond 25』(仮題)の新監督に、『マニアック』のキャリー・ジョージ・フクナガが起用されたことが明らかになった。

最新ニュース
ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • キャリー・ジョージ・フクナガ監督/『ビースト・オブ・ノー・ネーション』来日時
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images
  • キャリー・ジョージ・フクナガ監督/『ビースト・オブ・ノー・ネーション』舞台挨拶
『Bond 25』(仮題)の新監督に、『マニアック』のキャリー・ジョージ・フクナガが起用されたことが明らかになった。本日、『007』のツイッター公式アカウントが「マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ、ダニエル・クレイグは、2019年4月にパインウッド・スタジオにて『Bond 25』の撮影をスタートすることを発表します。メガホンをとるのはキャリー・ジョージ・フクナガ監督で、世界公開は2020年2月14日になります」とツイートした。


プロデューサーのマイケルとバーバラは「キャリー監督と一緒に働くことになり、非常にうれしいです。才能が豊かで革新的な彼は、次のジェームズ・ボンドの冒険にとって最高の人材になるでしょう」と語っているという。

『Bond 25』はダニー・ボイルが監督することに決定していたが、先月「クリエイティヴ面での意見の相違」を理由に降板が発表されていた。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top