永野芽郁から安藤サクラへ、“朝ドラヒロイン”バトンタッチ! 感極まり「泣きそう」

NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会が本日9月20日に行われ、現在放送中の「半分、青い。」から永野芽郁、10月放送スタートの「まんぷく」から安藤サクラが出席した。

最新ニュース
NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会/「半分、青い。」から「まんぷく」へ
  • NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会/「半分、青い。」から「まんぷく」へ
  • NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会/「半分、青い。」から「まんぷく」へ
  • 永野芽郁&佐藤健/「半分、青い。」スタジオ取材会
  • 永野芽郁「半分、青い。」ヒロイン発表会見
  • 安藤サクラ/NHK連続テレビ小説「まんぷく」記者会見
  • 連続テレビ小説「まんぷく」新キャスト発表会
NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会が本日9月20日に行われ、現在放送中の「半分、青い。」から永野芽郁、10月放送スタートの「まんぷく」から安藤サクラが出席した。

今回行われた引継ぎ式で“初対面”となった2人。安藤さんは、「半分、青い。」スタートと同時期に大阪に引っ越してきたそうで、今回の対面に「感動して泣きそうになりました」と言い、「自分も撮影が始まって、一緒に頑張っているような気持ちになりました。永野さんも、鈴愛ちゃんも頑張っているから頑張ろうって思っていつも見ていました。すごく励まされました」とコメント。

そんな思いを知って永野さんも「すごく泣きそうです」と話し、「すごく大先輩として活躍されている方に、自分のお芝居やいろんなものを支えとして見ていただけたことがすごくうれしくて、それだけで『半分、青い。』やってよかったなって思いました」と感激。

そして、「電報でもはがきでもなく、よろしければ後で連絡先を教えてください(笑)」と連絡先の交換を熱望し、最後には「私も最後まで見届けます。応援しています。頑張ってください」とエールを送っていた。

NHK連続テレビ小説のヒロインバトンタッチ取材会/「半分、青い。」から「まんぷく」へ
北川悦吏子が脚本を務める現在放送中の「半分、青い。」は、北川氏の故郷である岐阜と東京を舞台に、永野さん演じるヒロイン・鈴愛が、一大発明を成し遂げるまでを描いた物語。

一方、「まんぷく」はチキンラーメン、カップヌードルを開発した実業家・安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに描いたヒューマンドラマ。主人公・福子役を安藤さん、夫・萬平役を長谷川博己が務めるほか、松下奈緒、要潤、松坂慶子、菅田将暉ら豪華俳優陣が出演する。

なお、現在「半分、青い。」は、第25週「君といたい!」が放送中だ。

連続テレビ小説「半分、青い。」は毎週月曜日から土曜日、8時~NHK総合にて放送中(全156回放送予定)。

連続テレビ小説「まんぷく」は10月1日(月)より毎週月曜日から土曜日、8時~NHK総合にて放送(全151回)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top