バンド、小説…夢中になる姿が胸を打つ!2010年代青春映画の傑作3選

青春小説の金字塔として世代を超えて愛されている不朽の名作「ライ麦畑でつかまえて」に、心を奪われた青年の成長を描く『ライ麦畑で出会ったら』。本作をはじめ、何かに夢中になる姿が胸を打つ珠玉の青春映画3作品をご紹介。

映画 洋画ニュース
『ライ麦畑で出会ったら』 (C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ライ麦畑で出会ったら』 (C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ライ麦畑で出会ったら』 (C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ウォールフラワー』 (C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『シング・ストリート 未来へのうた』(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
  • 『ウォールフラワー』 -(C)  2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ウォールフラワー』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ウォールフラワー』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ウォールフラワー』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
青春小説の金字塔として世代を超えて愛されている不朽の名作「ライ麦畑でつかまえて」に、心を奪われた青年の成長を描く『ライ麦畑で出会ったら』が10月27日(土)より公開される。

本作の「ライ麦畑でつかまえて」に熱中する主人公や、小説家を目指す少年、バンドを組み猛特訓する少年…。そんな学校の中でも冴えない存在だった彼らが何かに夢中になるとき、いつの間にか仲間ができて、日常は輝きだし、やがて困難を乗り越えた先には成長が待っている。そんな爽やかな感動をもたらす、珠玉の青春映画3作品をピックアップ。

■初めて知る友情、恋を鮮烈に描く…『ウォールフラワー』(2012)



『ウォールフラワー』 (C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。だが、そんな彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という兄妹との出逢いにより、一変する。

『ウォールフラワー』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
初めて知る“友情”、そして“恋”。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へ転がり始めるーー。「ライ麦畑でつかまえて」の再来といわれた小説を、原作者スティーヴン・チョボスキー自らがメガホンをとって映画化。現在活躍中の人気俳優の競演も見どころ。

■バンドに打ち込む少年の恋と青春…『シング・ストリート 未来へのうた』(2016)



『シング・ストリート 未来へのうた』(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
1985年、大不況のアイルランド・ダブリン。父親の失業のため公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前、人生のどん底を迎えた14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)。音楽狂いの兄(ジャック・レイナー)と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけが幸せな時間だった。

『シング・ストリート 未来へのうた』 (C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
ある日、街で見かけたラフィナ(ルーシー・ボーイントン)の大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まるーー。『はじまりのうた』ジョン・カーニー監督の実体験がベースとなった本作は、人気の“爆音”上映でも必ずといっていいほどラインナップに入る青春音楽映画。

■原作者を探す旅が冴えない少年を変える…『ライ麦畑で出会ったら』(2018)



『ライ麦畑で出会ったら』 (C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
学校に馴染めないジェイミー(アレックス・ウルフ)は、若者のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」の主人公ホールデンに共感し、自分こそが真の理解者だと思い込む。自身が書いた脚本の舞台で主演することだけを支えにしていたが、舞台化するには原作者J.D.サリンジャーの許可が必要不可欠。そこで、ジェイミーと演劇サークルで出会った少女ディーディー(ステファニア・オーウェン)とのサリンジャーを探す旅が始まる。2人は無事にサリンジャーを見つけ出すことができるのか…?

『ライ麦畑で出会ったら』 (C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED
実話を元にした本作は、すでに世界各国の映画祭で10以上の賞を受賞、新たな青春映画の傑作と話題を呼んでいる。主演を務めるのは、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でドウェイン・ジョンソンの“中身”の気弱なゲームオタク男子を演じたアレックス・ウルフ。



『ライ麦畑で出会ったら』は10月27日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top