『美女と野獣』スタッフが監修!魔法世界の美しさに思わずうっとり『ルイスと不思議の時計』

“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化するマジックファンタジー『ルイスと不思議の時計』から、大人も子供も思わずうっとりしてしまう魔法の世界へと誘う本編映像が解禁された。

映画
『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
  • 『ルイスと不思議の時計』日本版ポスター(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化するマジックファンタジー『ルイスと不思議の時計』から、大人も子どもも思わずうっとりしてしまう魔法の世界へと誘う本編映像が解禁された。

>>『ルイスと不思議の時計』あらすじ&キャストはこちら

この度公開された映像では、ルイスが魔法使いのジョナサンとツィマーマンから魔法のレッスンを受けているところからスタート。魔術書に書かれた呪文を唱えても失敗してしまうルイス。するとジョナサンは「魔術もお前ならではのやり方でいいんだ」とアドバイスをおくる。しかし、まだ魔法の存在を受け入れられないルイスは「こんなの全部変だよ!」と反発。するとツィマーマンは「“変”のどこが悪いの?」と逆に訪ねてくる。そこでジョナサンは「変の力を見せてやろう」と、突然耳をふさぎたくなるほどひどい音色でサックスを吹き始める。

『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
すると、屋敷の庭一面に小さな宇宙の星々が! 目の前の光景に言葉を失うも、初めて魔法に触れて思わず笑顔がこぼれたルイスを見て、「ようやく笑顔になった」と優しく語りかけるジョナサン。ルイスもジョナサンに微笑み返すが、その矢先に植木ライオンに枯草の糞をかけられてしまうという、ユーモアあるオチも。

『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
本シーンをはじめ、個性を尊重することがテーマのひとつである本作に登場する魔法の数々はどれをとっても個性的なものばかり。そんな“変”が詰まった本作の魔法世界を再現したのが、VFXスーパーバイザーのルイス・モリン。モリンは実写版『美女と野獣』のVFXも監修しており、鮮やかなファンタジーの世界を再現することに定評のある人物だ。

『ルイスと不思議の時計』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
中でも、植木のライオンや動くリクライニングチェアなどは『美女と野獣』に登場する風変わりなキャラクターを連想させる。ルイス役のオーウェン・ヴァカーロも「とても変わっている魔法の家だったよ。あのレイジーボーイの椅子が動くんだよ!『美女と野獣』を観たことあるなら、あんな感じさ」と、モリンが手掛けた魔法の世界に感動したことを明かしている。

本作では、魔法使いたちが操る三者三様の魔法も見どころのひとつ。どんなヘンテコな魔法が飛び出すのか、スクリーンで確かめてみて。



『ルイスと不思議の時計』は10月12日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top