真矢ミキ主演「さくらの親子丼」第2弾放送決定! 「いままさに社会が直面している問題」

真矢ミキ主演「さくらの親子丼」の第2弾が、12月1日(土)より放送することが決定。“オトナの土ドラ枠”から続編が制作されるのは今回が初、真矢さん主演の連続ドラマがシリーズ化されるのも初となった。

最新ニュース
オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)
  • オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)
  • オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)
  • オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)
昨年10月に放送した真矢ミキ主演「さくらの親子丼」の第2弾が、12月1日(土)より放送することが決定。“オトナの土ドラ枠”から続編が制作されるのは今回が初、真矢さん主演の連続ドラマがシリーズ化されるのも初となった。

■ストーリー


一日だけ…。三谷弁護士に頼まれ、九十九さくらが食事スタッフとしてやってきたのは、子どもシェルター「ハチドリの家」。虐待などを受けた子どもたちが一時避難する施設で、親や大人から守るため、場所は公にされていない。そこにいたのは、母親の愛人から性的虐待を受けていた井口茜。父親から性的虐待を受け、反動で中学生の頃から売春や覚せい剤に手を染めた新城由夏。盗癖があり、ヤクザから追われていた藤島玲奈。裕福な家庭に生まれ、成績優秀も親から虐待を受けていた小宮山詩。母親の再婚相手から性的虐待を受けていた白鳥マリアなど…壮絶な地獄を見てきて子どもたちだった――。

■「オトナの土ドラ」初めて“シリーズもの”


前作では、行き場を無くした子どもたちに無償で親子丼をふる舞い続けた真矢さん演じる古本屋の店主・九十九さくら。今回は、さくらの古本屋兼自宅「九十九堂」から、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難・保護できる施設“子どもシェルター”に舞台を移し、シェルターの食事スタッフとなったさくらが食事を通じ子どもたちと向き合う。また、今作では親子丼だけでなく、様々なメニューが登場する。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)

■真矢ミキ、続編決定に「チョッと不安」


本枠初の続編に主演の真矢さんは、「うれしいですね。私、何事においても初めてって“好物”なんですよ(笑)」と喜び、「今回も予定調和に終わることなく、さくらの気持ちを出していきたいです。ただパート2は、前作から数年後とかでなく、物語がすぐ続いているんです。髪の毛の長さとか、回想シーンとか、1年ぶりの私にちゃんと演じられるのか、チョッと不安です。『大丈夫、私。一年で老けてない!?』と(笑)」とコメント。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」九十九さくら役(真矢ミキ)
また、「『さくらの親子丼2』は、いままさに社会が直面している問題を描いているんです。子供たちに関わるニュースを見聞きすることで、『いま、やるべき作品なんだ』と、私の背中を押してくれ、心を奮い立たせてくれています。さくらも模索していますし、ドラマ自体、答えを提示するような作りではありません。今回も謙虚に取り組み、パート1の出来事を経てのさくらというのを随所で見せていきたいので、心のひだをさらに丁寧に演じていくつもりです」と本作への意気込みを語っている。

脚本は前作に引き続き、連続テレビ小説「あぐり」「すずらん」、「3年B組金八先生」の清水有生。実際にシェルターで取材を重ね、書き上げたオリジナル作品だ。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼 2」は12月1日より毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系にて放送(全8話予定)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top