『ワンダーウーマン』続編、公開日延期!夏にこだわり2020年6月に

『ワンダーウーマン』の続編『Wonder Woman 1984』の公開日が延期になった。

最新ニュース ゴシップ
ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • パティ・ジェンキンス監督&ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • ガル・ガドット&パティ・ジェンキンス監督-(C)Getty Images
  • ガル・ガドット-(C)Getty Images
『ワンダーウーマン』の続編『Wonder Woman 1984』の公開日が延期になった。当初は2019年11月1日であったが、約7か月遅れの2020年6月5日になることが主演のガル・ガドットのSNSで発表された。

「すっごくうれしい発表があるの。状況が変わることに感謝してる。『ワンダーウーマン』をふさわしいホーム(公開日)に移せることになったの。2020年6月5日よ。ぜひ観てね!」というコメントを掲載したガル。前作の全米公開が、サマーシーズンの2017年6月2日だったこともあり、2作目の公開日が秋から夏に変わったことを喜んでいるらしい。



「Entertainment Weekly」誌によれば、ワーナー・ブラザースの重役もまさに「前作が夏公開で記録的ヒットを放ったことから、今作も夏でいきたい」と夏へのこだわりを語っていたという。元の公開予定月には、リブート版の『ターミネーター』やゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の実写映画の公開が決定しており、この2作品にとっては強敵が去ったことになる。

しかし、来年続編を観られることを楽しみにしていたファンたちは、公開が7か月も伸びてしまったことに悲しみと不満を隠せない。「悲しすぎる」、「公開まで591日か」、「長すぎて待てない」などの声が上がっている。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top