坂口健太郎、「世にも」初主演作は“密室サスペンス”! 「負荷を感じて」

人気若手俳優・坂口健太郎が、「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」の一遍で本シリーズ初出演&初主演を務めることが決定した。

最新ニュース
土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
人気若手俳優・坂口健太郎が、「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」の一遍で本シリーズ初出演&初主演を務めることが決定した。

2014年の俳優レビュー以来、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、「コウノドリ」シリーズなどに出演し、「シグナル 長期未解決事件捜査班」では連続ドラマ初主演を果たすなど、出演作が相次ぐ坂口さん。

今回そんないま大人気の彼が主演するのは、密室サスペンス劇「脱出不可」。坂口さん演じる出版社編集部勤務の志倉真司は、ある日目を覚ますと、コンクリートの狭い部屋の中にいた。喉の渇きを癒やそうとドアの方へ向かうも、施錠されていて外に出ることができない。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
途方にくれていると突然、部屋の中にある4つのモニターが起動。1つには真司自身の姿、そのほかのモニターには真司と同じ境遇の男女3人がそれぞれの部屋で困惑する様子が。そして画面の下には“視聴者数”の表示…。“脱出ゲームスタート。三重にかけられたロックナンバーを見つけ出し脱出せよ”の文字が出ると、視聴者のコメントが流れ出す。

どうやら4つのモニターに映っている映像は、インターネットを通じて不特定多数の人に閲覧されているようで――。一体、なぜ真司は密室に閉じ込められてしまったのか? そして脱出ゲームの主犯は何者なのか…不思議なストーリーとなっている。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
台本を読み、まず「自分ならどうするだろう」と考えたという坂口さん。「SNSの怖さを感じる作品になっていると思いますが、実際、誰の身に起きたとしてもおかしくない話だと思うんです。心のどこかで他人事を客観視したり、自分と距離をあけてしまったり…。そういった現代に生きる人の行動心理を表現した作品ですので、視聴者の方がリアリティを感じてくださったらこの作品として成功なのかなと思います」と本作について明かす。

また今回演じてみて「密室に一人きりで閉じ込められるというシチュエーションでしたので、演じる難しさを感じました」と感想を語る坂口さんは、「主人公と一緒に視聴者の方にもストレスを感じながら見て欲しいと思いますし、そのためにも臨場感やスリル感をどうやったら表現できるか、試行錯誤しながら演じました。狭い密室の中で動けるスペースは当然限られるので、その分、表情や身振り手振りだけなく、いろんな表現の仕方を駆使しなければいけないなと思いました」とふり返っている。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」(C)フジテレビ
さらに、「この作品を通じて何かメッセージを届けたい、というよりは、視聴者の皆さんに負荷を感じていただけたら、きっと心に残る作品になるんだろうな、という気持ちです。必ずしもポジティブな感覚ではないかもしれませんが、負荷をかけて見ていただいた方が、より一層物語を面白く感じていただけるんじゃないかなと思います」と視聴者へメッセージを寄せている。

これまで発表された「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」放送内容


「幽霊社員」


佐野史郎と勝地涼がW主演する本作は、クスッと笑えて心温まる友情ドラマ。存在感ナシの“幽霊社員”・工藤良治を「世にも奇妙な物語」10年ぶり10本目の出演となる佐野さん、“本物の幽霊”里山秀平を、勝地さんが演じる。

<ストーリー>
建設会社の社史編集室でひっそりと働く工藤良治(佐野史郎)は、存在感ナシの幽霊社員。定年まであと4年、余計なことをせず平穏に過ごそうと思っていたそんなある日、過労死したはずの若手社員・里山秀平(勝地涼)に遭遇。なんと里山は、幽霊となって工藤の前に現れたのであった。「最後の仕事をどうしてもやり切りたいんです! どうか力を貸して下さい!」と懇願された工藤は、里山がやり残した仕事を渋々引き受けることに…。


「あしたのあたし」


本作は、国仲涼子が主演する不思議で不気味なファンタジードラマ。第二子を出産し、今作が産後復帰第1作目となる国仲さんが主人公の主婦、その元カレ・小野寺修二を忍成修吾が演じる。

<ストーリー>
主婦・斉木香織(国仲涼子)は、ある日、スマホ画面に現れた“あしたのあたし”というものに興味本位でアクセスした。すると、いきなり香織本人の姿が画面に現れ、映画の予告編のような動画が流れ始める。そしてその中で、元カレ・小野寺修二(小野寺修二)と再会を果たす香織。まるでラブストーリーのような展開だ。翌朝、いつもと変わらない日常が始まり、すっかり動画のことなど忘れかけていた香織だが、目の前に修二が本当に現れ…。


「クリスマスの怪物」


本作は、「世にも」初登場の川栄李奈が主演を務める背筋が凍るホラー作品。恋人役は本郷奏多が演じる。

<ストーリー>
クリスマスイブが近づき、IT企業社長で恋人の緒方良輔(本郷奏多)に素敵なホテルディナーを予約してもらったジュエリーショップの店員・小野寺奈央(川栄李奈)は、その日、良輔からプロポーズされることを期待していた。だが気がかりなのは、クリスマスイブになると必ず現れる不気味な装いの“怪物”の存在。7年前に起きたある事件を境に、クリスマスイブになると奈央の前に必ず現れるようになった。そしてイブ当日、良輔と食事を終えた奈央は、良輔から「先に部屋行ってて」と言われ一人ホテルの部屋へ向かうが、廊下の先にその怪物が立っていて――。


土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」は11月10日(土)21時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top