シルベスター・スタローン、30年前のレイプ疑惑が不起訴に

昨年12月、ある女性(氏名非公表)が1987年と1990年にシルベスター・スタローンにレイプされたとして訴えた件で、ロサンゼルス郡検事局はスタローンに対し不起訴の決定を下した。

最新ニュース
昨年12月、ある女性(氏名非公表)が1987年と1990年にレイプされたとしてシルベスター・スタローンを訴えた件で、ロサンゼルス郡検事局はスタローンに対し不起訴処分とした。「TMZ.com」が報じた。検察は、女性側の証人たちの話を聞いたものの、女性の話と矛盾しており、訴えを裏付ける証拠がなかったと語ったという。

女性がサンタモニカ警察に事件を報告した昨年、すでに10年の時効が成立していたが、当局は捜査に乗り出した。スタローンはレイプ疑惑を完全否定したが、その女性のことは知っており、1987年に映画の撮影で訪れていたイスラエルで3日間一緒に過ごしたことを認めていた。当時は『ランボー3/怒りのアフガン』の撮影中だったようだ。

不起訴が決定するまでの間に、スタローンの弁護士は「女性がサンタモニカ警察に行く前に、ゴシップサイトにこの話を売ろうとしていたことを突き止めた」といい、「警察に虚偽の報告をしているとして、こちらも法的措置を考えている」と語っていた。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top