福山雅治プロデュース“朝ドラ”「生田家の朝」スタート! ユースケ・サンタマリア&尾野真千子が夫婦役

日テレ“朝ドラマ”「生田家の朝」が放送されることが決定。ユースケ・サンタマリアと尾野真千子が夫婦役で出演し、“どこにでもいるフツーの家族”の朝の話を描く。

最新ニュース
「生田家の朝」
  • 「生田家の朝」
  • 「生田家の朝」
  • ユースケ・サンタマリア
  • 『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』完成披露プレミア試写会イベント
  • 「生田家の朝」
12月10日(月)より「ZIP!」内で“朝ドラマ”「生田家の朝」が放送されることが決定。ユースケ・サンタマリアと尾野真千子が夫婦役で出演し、“どこにでもいるフツーの家族”の朝の話を描く。

いまは年の瀬も迫った2018年12月。東京・多摩地区と思わしき、でも日本の何処にでもあるような、ごく普通の家庭の朝の風景。極く普通のサラリーマン家庭・生田家が住む新築一戸建て。夫・浩介はまるでテレビドラマに出てくるようなマイホーム生活に秘かに憧れていた。

しかし…「ダイニングテーブルの生活感問題」「ソファーもほぼ死んでいる問題」「毎朝フレッシュジュースを作る筈のジューサーが使われない問題」etc.、小さいけれど気になる人にはとっても気になる「家庭の問題」など、どんな家族の朝の時間にもある「あるある」を、独特のユーモア感覚で描き出すオフビート・ホームドラマ。

日本テレビが開局65年を機に立ち上げたこのプロジェクト。ドラマ主題歌と企画プロデュースを福山雅治にオファーし、“主題歌から生まれるドラマ制作”を提案。さらに、バカリズムをプロジェクトメンバーに誘い、ドラマ脚本はバカリズムが担当する。

「生田家の朝」
オファー時はとても驚いたと語る福山さんだが、「私は主題歌を担当させていただきます。1日が気持ちよくスタート出来るような楽曲を目指します。ご期待ください」とメッセージを寄せ、今回の脚本を担当し、福山さんが「僕的にいま最も、いや、常にお仕事させていただきたいクリエイターNo.1」だというバカリズムさんは、「たぶん面白いんじゃないかなと思います。キャストはユースケさん、尾野さんという大好きなお2人に演じていただくことが決まったので、僕的にはもう8割方成功です。とにかく毎朝観て下さい」と控えめなアピールをしている。

7分ほどの本ドラマでは、お茶の間とテレビの中がまるで合わせ鏡のように同じ時間軸で進む朝のドラマで、日常に起こる小さな事件…小さな幸せを描く“どこにでもいるフツーの家族”の朝の話だ。

ユースケさんが極々普通のサラリーマン・生田浩介を演じ、家族思いで優しいが、妙に理屈っぽく夢見がちな面もある人物を好演。そして尾野さんが、“サバサバ母さん”妻・早苗役を演じる。さらに、中1の娘・美菜と小1の息子・悟役に、オーディションで選ばれた関谷瑠紀と鳥越壮真が参加する。

ユースケ・サンタマリア
「とにかく前例がないので、気が楽」と話すユースケさんは、「これが第2弾とか第3弾で、前回、評判が良かったとかだったら、受けないですよ(笑)。まあ、ある意味ちょっとした実験台みたいなものかなと」とコメント。

ドラマについては、「見ている人は台本があるってわからないと思います。芝居を超えた、ある種ドキュメンタリーのような。俺たちが適当にしゃべってるのをなんとなく撮ってるって思いますよ。それぐらい自然です」と話している。

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』完成披露プレミア試写会イベント
一方、尾野さんは「見ていてホッとするようなドラマになると思います」と言い、「本当に気を付けて見ていないと分からないような些細なことをテーマにしていますけど、結果『分かる! 分かる!』ってなると思います。乞うご期待です!」とコメントを寄せている。

「生田家の朝」は12月10日より月~金曜日、日本テレビ系「ZIP!」内7時50分頃~放送(全13回)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top