中島健人「カッコつけがちな自分と縁を切って…」中条あやみと大ヒット“縁切り式”!?

『ニセコイ』の大ヒット祈願&“縁切り式”が行われ、W主演を務めた中島健人と中条あやみが出席した。

最新ニュース
『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
  • 『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
  • 『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
  • 『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
  • 古味直志「ニセコイ」
  • 古味直志「ニセコイ」
映画『ニセコイ』の公開に先駆け、本作の大ヒット祈願&“縁切り式”が行われ、W主演を務めた中島健人と中条あやみが出席した。

>>『ニセコイ』あらすじ&キャストはこちらから

少年漫画界の雄・「週刊少年ジャンプ」(集英社)で最長連載ラブコメとして新たな記録を樹立し、コミックスのシリーズ累計は1200万部を突破した同名大人気漫画を実写化した本作。公開まであと約1か月となった11月22日の“いい夫婦の日”に、京都のパワースポットとしていま話題沸騰中の通称“縁切り神社”安井金比羅宮にて大ヒット祈願&縁切り式を執り行った。

『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
本編では、性格真逆で相性最悪ながら、強制的に“偽物の恋人=ニセコイ”を演じさせられた中島さんと中条さん。この場所に初めて訪れた中島さんは「この神社の持つ厳かな雰囲気に緊張しますね」と話し、一方関西出身の中条さんは「ホームタウンの近い、京都に訪れることができて嬉しい!」と笑顔を見せた。

イベントでは、宮司さんから神社の名物スポットでもある“縁切り・縁結び碑”は、絵馬の形をした石碑の中央に穴をくぐることで“悪縁を切り、良縁を結ぶ”というご利益があると説明も。最初に石碑の穴を通った中島さんは、「カッコつけがちな自分と縁を切って、ナチュラルな自分を出していきたい!」と宣言。紅白出場決定時、「ジャニーさんにどうしたら“セクシー”になれるのか」と相談したという中島さん。「そのままで」という回答に、「これからは自然体でいこうと思いました!」と明かす。加えて、紅白については「King & Princeという勢いのある後輩のグループと共演できるのはとても嬉しいです。平成最後の紅白で日本中を彩り、新しい元号へつなぎたい」と思いを語った。

『ニセコイ』(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社
そして次に石碑をくぐった中条さんは、「世間からのイメージは、“おとなしい子”というイメージを持っていただいているのですが、実際は、『ニセコイ』の千棘同様に活発なので、その活発なイメージとの縁を結びたい!」と話していた。

最後には、悪縁度を占える“縁みくじ”を2人一緒に引く場面もあり、結果は“大吉・悪縁度20パーセント”。また、「カッコつける自分」との縁を切ることを宣言した中島さんだったが、イベントでは結果何をしてもかっこよくなってしまい、「全然縁切れてないやん!」と関西弁で中条さんがツッコむ一幕も。和気あいあいとした雰囲気のイベントとなっていた。

『ニセコイ』は12月21日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top