村上春樹原作×イ・チャンドン監督『バーニング 劇場版』予告編公開

村上春樹の短編小説「納屋を焼く」が、イ・チャンドン監督により『バーニング 劇場版』として映画化される。来年2月に公開を控える本作の日本版予告編が解禁となった。

韓流・華流
村上春樹の短編小説「納屋を焼く」が、イ・チャンドン監督により『バーニング 劇場版』として映画化される。来年2月に公開を控える本作の日本版予告編が解禁となった。

■あらすじ


小説家を目指しながら日々アルバイトに明け暮れる主人公・ジョンス(ユ・アイン)。ある日、幼なじみのヘミ(チョン・ジョンソ)から、アフリカで出会ったという謎の男・ベン(スティーヴン・ユアン)を紹介される。ベンに「僕は時々ビニールハウスを焼いています」と打ち明けたジョンスは、次第に不思議な出来事に巻き込まれはじめる。

■村上春樹原作の衝撃作


韓国を代表する映画監督、イ・チャンドンが8年ぶりにメガホンを取った本作。村上春樹の原作の設定はそのままに、ストーリーを大胆にアレンジし、映画オリジナルのストーリーを作り上げた。作品全体に張り巡らされた伏線と、見る人によって違う見解を呼び起こすであろう究極のミステリー作品として仕上がった。

『バーニング 劇場版』(C)2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved
村上作品の映像化は過去にもいくつか話題となってきたが、外国人監督の映画化はこれが初めてである。主人公ジョンスを演じるのは、映画やドラマで活躍する期待の若手俳優、ユ・アイン。また謎の男・ベンを演じるのは、ドラマ『ウォーキング・デッド』に出演し日本でも人気の高いスティーヴン・ユアン。村上春樹独特の世界観を、イ・チャンドン監督はどのようなアプローチで映像化させたのか、期待が高まる。

■ビニールハウスが燃え上がる予告編


今回公開された予告編では、ジョンスが幼なじみのヘミと再会する場面から始まる。突然現れた謎の男、燃え上がるビニールハウス、幼なじみの失踪…物語はどこへ向かっていくのか、衝撃のラストを予感させるものとなっている。

また、予告編の最後にジョンスが語る「僕には世の中のすべてが謎です」というセリフには、一体どんな意味が込められているのか。


『バーニング 劇場版』は2019年2月1日よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top