三浦春馬&神木隆之介&城田優ら全員で「This Is Me」をパフォーマンス! 「AAA2018」

AAA(Act Against AIDS)「THE VARIETY」が今年も開催。岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬、神木隆之介、小池徹平、城田優、柚希礼音ら総勢32名が参加した。

最新ニュース
Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
  • Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
毎年12月1日世界エイズデーに行われるAAA(Act Against AIDS)「THE VARIETY」が今年も開催。岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬、神木隆之介、小池徹平、城田優、柚希礼音ら総勢32名が参加した。

岸谷さんの呼びかけで、1993年代々木体育館からスタートしたAAA「THE VARIETY」。これまで、ミュージシャン、俳優、お笑いのジャンルを越えた豪華キャストが集結し、一夜限りのエンターテインメントショーを披露してきたが、26回目を迎えた今年は、初の試みとして“俳優だけの武道館ライブ!!”と銘打ち、ミュージカル界のトップスターたちを中心に、俳優だけのチャリティーライブを武道館で開催した。

『ブルース・ブラザーズ』のテーマ曲に合わせて、岸谷さん、寺脇さん、三浦さんが帽子をつかったコミカルでシュールなパフォーマンスを披露しスタート。そして、水田航生らアミューズの舞台俳優たちと共に今年の大ヒット曲「U.S.A」を踊り、会場を熱くさせた。

Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
さらに例年、サンプラザ中野くんによって披露されていた「大きな玉ねぎの下で」を三浦さんが、神木さんと小関裕太が高橋優の「福笑い」をデュエット。「Brave Love,TIGA」では岸谷さんと寺脇さんらに加え、ウルトラマンティガが登場するなど、タイトルの“ザ・バラエティ”にふさわしい序盤となった。

Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
続いて、ミュージカルコーナーではソニンの「Defying Gravity」(「Wicked」)から始まり、柿澤勇人&小池さんが「ヤツの中へ」(「デスノート」)、城田さんが、来年上演予定の主演ミュージカル「ピピン」より「コーナー・オブ・ザ・スカイ」を。ほかにも様々なミュージカルの名曲が披露されていた。

そしてコンサート終盤では、麻生かほ里と城田さんの「ア・ホール・ニュー・ワールド」(「アラジン」)、寺脇さんと小池さんの「アンダー・ザ・シー」(「リトル・マーメイド」)といったディズニーミュージカル、柿澤さんとソニンさんによる「愛していれば分かり合える」(「モーツァルト!」)。ミュージカル「エリザベート」から「闇が広がる」を、“城田トート”と“三浦ルドルフ”が歌い上げた。

最後は『グレイテスト・ショーマン』より、城田さんとソニンで「A Million Dreams」、そして出演者全員が加わり「This Is Me」をパフォーマンス。感動的なラストナンバーとなった。

Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
なおAAA報告のコーナーでは、チケット代でどのような活動ができたのかが報告され、また今年は、岸谷さんがラオスの施設、ラオ・フレンズ小児病院に足を運んで現地の状況を視察してきたことを実際の映像と写真で伝えた。

来年はオリンピック準備で武道館が使用出来ないため、一旦休むことがすでに発表されているが、2020年には『Act Against Anything「THE VARIETY SHOW 27」』と名前を変え、エイズだけでなく様々な問題を抱えた子どもたちへの支援をするために、新たなスタートを切ることが明かされていた。

また、本番前に行われた会見には、岸谷さん、寺脇さん、三浦さんが出席。岸谷さんは「来年はオリンピックイヤーで武道館が使えないので、寺脇さんと春馬と話し合って2年分できればという思いで大規模に開催しました」と今回の開催への思いを語り、寺脇さんは「チャリティというのは、できることをできる範囲で無理せずやることが大切で、形を変えても何か僕らでやっていきたいと思います。僕らの意志を春馬も継いでくれていて、頼もしい後輩もたくさんいますので、無理なくやっていきたいと思います」と今後の活動にも意欲を見せた。

Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
一方、ラオス訪問の経験もある三浦さんは「エイズだけではなく、難病と呼ばれる病気と闘っている子供たちがまだたくさんいます。Act Against Anythingにすることで、ラオスの病棟の未来も拓いていけると思います」と語っていた。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top