実写版『アラジン』のビジュアル画像が初公開!“青くない”ジーニーが注目の的

実写版『アラジン』でメインキャラクターを演じているミーナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)の3人が、それぞれのキャラクターに扮して「Entertainment Weekly」誌の表紙を飾った。

最新ニュース ゴシップ
『アラジン』 (C) APOLLO
  • 『アラジン』 (C) APOLLO
  • ウィル・スミス-(C)Getty Images
  • ウィル・スミス-(C)Getty Images
  • ナオミ・スコット-(C)Getty Images
  • ガイ・リッチー-(C)Getty Images
  • 『アラジン』 (C) APOLLO
  • 『アラジン』 (C) APOLLO
  • 『アラジン』 (C) APOLLO
実写版『アラジン』でメインキャラクターを演じているミーナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)の3人が、それぞれのキャラクターに扮して「Entertainment Weekly」誌の表紙を飾った。

メインキャラクターのビジュアル初公開ということで、ファンたちはSNSで素早く反応を見せた。中でも注目を集めたのはランプの魔人・ジーニーの姿。ジーニーといえば、肌の色が青いことが特徴だが、ウィルが扮しているジーニーは地肌の色のままだ。

そこで、ウィルはファンたちからの「なぜ?」の声に、インスタで返答。「うん、ちゃんと青くなるからね。表紙のジーニーは人間に変装した姿なんだ。ぼくのキャラクターは、映画の中ではほとんどがCGで描かれるんだよ」と、映画の中では「青くなる」ことを明らかにした。監督のガイ・リッチーは同誌のインタビューで、まだウィル演じる「青いジーニー」の最終的なフォームは完成していないと述べているが、「1970年代の力強い父親風」で「部屋にいたらすぐわかるような存在感」がある容姿を目指しているという。


ウィルは、自分が演じるジーニーを「ディズニーの世界の中でもすごく目立つユニークな存在になると思うよ。だって、ディズニーの歴史において、ヒップホップ風の味付けをした役って、そんなにいなかっただろうからね」と語っている。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top