ディズニー、リブート版『パイレーツ・オブ・カリビアン』にジョニデの続投は「ない」

10月、ディズニーが『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブート版を企画していることが報じられ、長年キャプテン・ジャック・スパロウを演じてきたジョニー・デップが続投されるかどうかに注目が集まっていた。

最新ニュース
ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
10月、ディズニーが『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブート版を企画していることが報じられ、長年キャプテン・ジャック・スパロウを演じてきたジョニー・デップの続投の可能性に注目が集まっていた。

そこで、「The Hollywood Reporter」が主にディズニーの実写映画の製作総指揮を務めているショーン・ベイリーを直撃。「ジョニーが出演しない」という前提でリブート版『パイレーツ・オブ・カリビアン』について尋ねた。ベイリーは、「新しいエネルギーとバイタリティーを取り入れたいんだ」と言い、脚本家として『デッドプール』のレット・リースとポール・ワーニックを起用した理由として「いままでの『パイレーツ』シリーズは好きだけど、強い刺激をくれる存在がほしくてね。だから彼らと仕事をすることにしたんだよ」と語った。全く新しい『パイレーツ・オブ・カリビアン』を作る意気込みを見せ、ジョニーが出演しないということを否定しなかった。

数々のキャラクターを演じてきたジョニーだが、5本に渡って演じたジャック・スパロウ役には特に思い入れが強かった。プライベートでジャックのコスチュームを身に着け小児病院を訪問するなど、子どもたちを喜ばせたこともあった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top