『ブラックパンサー』、SAG賞の快挙によりアメリカで1週間無料再上映へ

27日(現地時間)、全米映画俳優組合(SAG)賞授賞式において、最高賞にあたるキャスト賞を受賞した『ブラックパンサー』。

最新ニュース
『ブラックパンサー』キャスト陣 (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』キャスト陣 (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』全米映画俳優組合賞授賞式 (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』全米映画俳優組合賞授賞式 (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』全米映画俳優組合賞授賞式 (C) Getty Images
  • 『ブラックパンサー』全米映画俳優組合賞授賞式 (C) Getty Images
27日(現地時間)、全米映画俳優組合(SAG)賞授賞式において、最高賞にあたるキャスト賞を受賞した『ブラックパンサー』。チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴらキャストがステージ上で喜び合う姿が感動を呼んだ翌日、配給元のディズニーがその快挙を粋な方法で祝うことになった。2月1日から7日までの1週間、同作をアメリカ国内の250の映画館で無料上映することを発表したという。「People」誌などが報じた。2月はアメリカにおいて「Black History Month」(黒人歴史月間)でもある。

『ブラックパンサー』は2月24日に開催されるアカデミー賞の作品賞にも『アリー/スター誕生』、『ボヘミアン・ラプソディ』など7作品とノミネートされている。オスカー史上、スーパーヒーロー映画で作品賞にノミネートされたのは『ブラックパンサー』が初めて。結果は2月12日から17日まで行われる映画芸術科学アカデミーの会員による投票で決まる。

ディズニーは、約1億6000万円(150万ドル)を「ユナイテッド・ニグロ・カレッジ基金」に寄付することも表明。黒人学生や、黒人大学に通う学生の奨学金に充てられるという。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top