山崎賢人、吉沢亮と対峙!『キングダム』ド迫力の予告解禁、主題歌はワンオク

山崎賢人を主演に迎えた『キングダム』から最新予告映像が解禁、「ONE OK ROCK」の最新曲「Wasted Nights」が主題歌として起用された。

映画 邦画ニュース
『キングダム』 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • ONE OK ROCK
  • 『キングダム』 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 山崎賢人 実写版『キングダム』製作報告会見
  • 吉沢亮 実写版『キングダム』製作報告会見
  • 長澤まさみ 実写版『キングダム』製作報告会見
  • 橋本環奈 実写版『キングダム』製作報告会見
  • 本郷奏多 実写版『キングダム』製作報告会見
山崎賢人を主演に迎え、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、さらに大沢たかおら超豪華キャストが集結した『キングダム』。この度、その最新予告映像が解禁、「ONE OK ROCK」の最新曲「Wasted Nights」が主題歌として起用されている。

>>『キングダム』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁となった最新予告は、本日2月1日より劇場スクリーンにて流れるもの。友を奪われた主人公・信(山崎さん)と、玉座を奪われた若き王・えい政(吉沢さん)の出会いが描かれ、クーデターの首謀者・成きょう(本郷奏多)の不敵な笑みや、楊端和(長澤さん)率いる山の民、王騎(大沢さん)の荒ぶる矛など、見どころ満載。


何といっても、豪華キャストによるダイナミックなアクションシーンや、中国ロケならではのド迫力の映像は圧巻。たった50人で敵軍8万人に立ち向かう壮大なストーリー、不可能に挑んだ男たちの物語を十分に期待できるものとなっている。

予告映像に合わせて「ワンオク」の主題歌も解禁!


壮大なスケールで描かれる本作をさらに盛り上げるのは、世界的ロックバンド「ONE OK ROCK」の最新楽曲「Wasted Nights」(本日2月1日より配信開始)。本作のために書き下ろされた楽曲は、「キングダム」の世界観にも通じる、前に進み続ける決意を感じさせる躍動感に溢れたもの。圧倒的で心震わせるその旋律、聴く者の心の奥底にまで届くヴォーカル・Takaのその伸びやかな声が、時代が動き出そうとする物語とシンクロし、本作のスケールをより高みへと押し上げている。

ONE OK ROCK

Taka (ONE OK ROCK)「映画の壮大さに負けないような曲」


今回主題歌のお話をいただいた時、ちょうど新しいアルバム“Eye of the Storm”の制作をしていました。曲のイメージを作るために完成前の映画を観させていただき、その規模感に感動しました。“壮大さ”、“ビッグアンセム”をテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねていき、自他共に「これはいい!」と思える曲、「Wasted Nights」が完成しました。映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりですので、映画と共に、主題歌もお楽しみください。

松橋真三プロデューサー「魂が熱く震えていることを保証します」


映画『キングダム』の主題歌を「ONE OK ROCK」にオファーしたのは脚本作りを始めた2015年のことです。まだ形も出来ていない企画の段階でしたが、「ONE OK ROCK」の主題歌は『キングダム』にとってなくてはならない大事な大事なピースのひとつだったのです。

『キングダム』には「強い夢と志が自分を作り、そして世界を変えていく」という大事なメッセージが内包されていると思っています。そんなメッセージを世界に通じる生きた言葉で素晴らしい楽曲にしてくれるのは彼らしかいないと思っていました。承諾をいただき、楽曲「Wasted Nights」を始めて聞いたときには本当に感動し、映画をひとまわりもふたまわりも大きくしてくれた彼らの楽曲に本当に感謝しています。素晴らしい映画のラストシーンに主題歌を聞きながら、必ずや自分の魂が熱く震えていることを保証します。

『キングダム』は4月19日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top