エズラ・ミラー、紀里谷和明監督によるハリウッド版『悼む人』に主演決定!

天童荒太の直木賞受賞作「悼む人」がハリウッドで『The Mourner』として映画化されることになった。「Deadline」が報じた。

最新ニュース ゴシップ
エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー「東京コミックコンベンション2018」(東京コミコン2018)
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エディ・レッドメイン&エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー/東京コミコン2018「DC COSPLAYERS LEAGUE 2018」
天童荒太の直木賞受賞作「悼む人」がハリウッドで『The Mourner』として映画化されることになった。「Deadline」が報じた。

主演は、『ファンタスティック・ビースト』シリーズや『ジャスティス・リーグ』の人気俳優、エズラ・ミラー。紀里谷和明監督がメガホンをとり、マイク・マーカス(『ザ・ウォード/監禁病棟』)とともにプロデューサーも務める。脚本は「Feed the Beast」(原題)のロビン・シューシャン。製作は今年の夏に開始予定だという。エズラは本来この時期に、『ファンタスティック・ビースト』第3弾の撮影に参加する予定だったが、先月、撮影が「秋の終わり頃に変更になった」と報じられていた。大作は『ファンタビ』続編のほか、DCコミックスのスーパーロー、フラッシュ単独映画にも主演が決まっているエズラ。こちらの作品の目立った情報は聞こえてこない。

「悼む人」は日本では2015年に高良健吾主演で映画化。高良は、日本全国を旅し、不慮の死を遂げた人を“悼む”坂築静人を演じた。2004年に『CASSHERN』で監督デビューした紀里谷監督は、2015年にクライヴ・オーウェンやモーガン・フリーマンらが出演する『ラスト・ナイツ』でハリウッド進出も果たしている。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top