東出昌大、瀬々敬久監督「悪党」で連ドラ初主演!「突き進みたい」

ベストセラー作家・薬丸岳の小説「悪党」が、瀬々敬久が監督を務め「悪党 ~加害者追跡調査~」のタイトルでドラマ化されることが決定。

最新ニュース スクープ
連続ドラマW「悪党 ~加害者追跡調査~」
  • 連続ドラマW「悪党 ~加害者追跡調査~」
  • 東出昌大/「エル シネマアワード2018」授賞式
  • 松重豊
  • 新川優愛/映画『センセイ君主』スペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶
ベストセラー作家・薬丸岳の小説「悪党」が、WOWOW連続ドラマW枠にて「悪党 ~加害者追跡調査~」のタイトルでドラマ化されることが決定。監督は『64-ロクヨン- 前編/後編』『友罪』の瀬々敬久、主演には東出昌大を迎える。

刑事を辞め探偵事務所で働く佐伯修一は、とある夫婦から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰している加害者の男を追跡調査してほしい」という依頼を受ける。彼自身も幼いころに姉を殺された被害者遺族で、犯人への復讐心を胸に抱えて生きてきた。調査を進めると、対象の男・坂上はさらなる犯罪に手を染めていた。夫婦は、坂上を観察していた佐伯に「その男を赦すべきか否か、その判断材料を見つけてほしい」と追加依頼。そして坂上に接触した佐伯は、ある結論を夫婦に告げる。その後も追跡調査を続けることになった佐伯。調査によって明らかになっていく犯罪加害者たちのその後。そして佐伯は、かつて姉を死に追いやった3人の「悪党」に辿り着く…。

犯罪の加害者・被害者両面の心理を鋭く描き出し、数々のベストセラーを生み出している薬丸氏の「悪党」は、幼いころに姉を殺され失っている元刑事の探偵・佐伯修一と、佐伯が勤める探偵事務所の所長・木暮正人。罪を償い出所した犯罪加害者の現在の状況を調査することになった探偵たちが、自らの過去と忘れることのできない犯罪のその後に向き合い、葛藤する様を描いた。

瀬々監督は、同じく薬丸岳原作の「友罪」を映画化させたが、加害者側からの贖罪や葛藤を描いた『有罪』と、被害者遺族側の姿を描いた今作は、まさに表裏を成す作品だ。

探偵でありながら、被害者遺族としてのトラウマも抱える主人公・佐伯修一役には、本作が連続ドラマ初主演となる東出昌大。今回の出演に関して「『64-ロクヨン- 前編/後編』『友罪』を撮った瀬々監督で、犯罪にまつわる作品に携われることは、心強くもあり、また、プレッシャーもあります」と心境を明かすが、「しかし、このコメントを最後にプレッシャーの事はすっかり忘れて、新しい境地に皆で辿り着けるように、突き進みたいと思います」と意気込んでいる。

東出昌大/「エル シネマアワード2018」授賞式
また、探偵事務所所長の木暮正人を松重豊。脚本を読み「救いようのない部分もある中で、どうやって救済されるのか、憎しみの連鎖やそれぞれのやるせない感情の行き場がどこに辿り着くのかを想像させられました」と感想を語る松重さん。「お客さんにどういう気持ちで見ていただけるかというのを考えながら演じて、事件と向き合ってみたいと思います」と語る。

松重豊
さらに、今回が初共演となる東出さんと松重さん。印象については「他の現場で『松重さんとどっちがデカい?』と聞かれる事が多かったので、実際にお会いして、身長も体型もほぼ同じな事に驚きました」(東出さん)、「同じくらいの身長ですし背の大きな方とご一緒できるのは気持ちが楽です(笑)」(松重さん)とお互い身長についてコメントしている。

ほかにも、情報源として佐伯を助け、次第に惹かれあうようになるキャバクラ嬢・はるか役を、「脳にスマホが埋められた!」「いつまでも白い羽根」の新川優愛が演じることも決定した。

新川優愛/映画『センセイ君主』スペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶
連続ドラマW「悪党 ~加害者追跡調査~」は5月、WOWOWプライムにて放送開始(全6話/第1話無料放送)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top