広瀬すず、100作目区切りの朝ドラにも「プレッシャーは感じていない」

4月1日(月)から放送の連続テレビ小説「なつぞら」の第1週試写会が3月6日(水)、NHK放送センターにて行われ、ヒロインを務める広瀬すずをはじめ、松嶋菜々子、藤木直人、草刈正雄、広瀬の幼少期を演じる子役の粟野咲莉が出席した。

最新ニュース
連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/草刈正雄
  • 連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/藤木直人
4月1日(月)から放送の連続テレビ小説「なつぞら」の第1週試写会が3月6日(水)、NHK放送センターにて行われ、ヒロインを務める広瀬すずをはじめ、松嶋菜々子、藤木直人、草刈正雄、広瀬の幼少期を演じる子役の粟野咲莉が出席した。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会

■区切りの100作目もプレッシャーはない


本作は、記念すべき第100作目となる連続テレビ小説。戦争孤児となり、父親の戦友と共に北海道・十勝にやってきた少女・奥原なつ(広瀬さん)が、開拓者である個性的な人々に支えられながら、アニメーションという夢を見つけ、チャレンジしていく姿を描いた人間物語だ。

区切りの100作目ということで、撮影前から大きな話題になった本作。広瀬さんは周囲から「100作目だね」と声を掛けられることが多かったことを明かすが「撮影が始まると、あまり意識することなく臨めています。一番大切なのは、しっかりなつという女性になること」とあまりプレッシャーは感じていないという。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/広瀬すず
そんな広瀬さん演じるなつを支えるのが、父親代わりとなる柴田剛男(藤木さん)や、その妻・富士子(松嶋さん)、富士子の父である泰樹(草刈さん)ら個性的な面々だ。広瀬さんは「みなさん奥深い。目から伝わる気持ちがとてもストレート。現場に入ると創造していなかった感情が生まれるんです」となつという人物を演じるうえで、大きな助けになっていることを明かす。

■共演者が広瀬さんを大絶賛!


大役に挑んでいる広瀬さんだが、藤木さんは「僕は以前『あすか』で朝ドラを経験していますが、ヒロインは大変なので力になりたいと思っていたのですが、広瀬さんはゆるぎない存在で現場にいる」と絶大なる信頼感があると語ると、松嶋さんも「すごく頑張り屋さんで、天性の女優さん。安定感が半端なく、演技をするうえでも頼りがいがあります」と大絶賛していた。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/藤木直人
また、劇中“超”頑固ジジイとして登場する草刈さんは「究極の頑固ジジイを演じています」と楽しそうに語ると「すずちゃんと一緒に現場にいると、とても居心地がいい。それが一番。撮影が長引いても苦痛にならないんです。とてもいい感じ」と相性の良さをアピールしていた。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/草刈正雄

■広瀬さんは子役の演技に号泣!


広瀬さん演じるなつの幼少期を演じた粟野さんのプロ意識も相当だという。松嶋さんは「ちびなっちゃんの女優魂はすごい。お芝居のことをしっかり考えて、納得するまでやるんです」と舌を巻くと、広瀬さんも「咲莉ちゃんの演技をみて、なつに感情移入しすぎて、夜中号泣してしまいました」と明かしていた。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/松嶋菜々子
多くの称賛を浴びた粟野さんは「戦争を体験したことがないので、戦争孤児の気持ちを作るために、資料や映像を見ました」と、しっかりした役作りについて語り、報道陣をうならせたが、一方で「北海道では搾乳の練習のあとに、草刈さんたちと手作りアイスを作って食べたのが、すごくおいしくて楽しかった」と子どもらしい一面も見せていた。

連続テレビ小説「なつぞら」第1週目試写会/粟野咲莉
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top