トランスジェンダーの少女がバレリーナを目指す!『Girl/ガール』予告完成

カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞した『Girl/ガール』が7月5日(金)より公開決定、予告映像とポスターが到着した。

映画
カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)ほか3冠を受賞し、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネートという快挙を成し遂げたルーカス・ドンの『Girl/ガール』が7月5日(金)より公開決定。評論家や観客からは“ニュー・ドラン(第2のグザヴィエ・ドラン)”とも称される新鋭監督が描く本作の予告映像とポスターが到着した。

バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされたルーカス・ドンが、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いを実現させ誕生した本作。

主演のビクトール・ポルスターは、実際に「アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクール」に通う現役のトップダンサーで、“性別を超越した美しさ”と絶賛され、500人を超える候補者の中から選ばれた逸材。初の映画出演となる。

彼自身はシスジェンダー(※)であるものの、バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女・ララの繊細な表情や思春期の心の機微を見事に表現し、バレエシーンでは圧倒的なパフォーマンスを披露。その息をのむほどに美しいバレエシーンの振り付けはコンテンポラリーダンス界の旗手であり、日本でも森山未來とタッグを組んだ公演でも知られる天才振付師シディ・ラルビ・シェルカウイが担当している。

今回解禁されたポスターでは、彼が演じたララのイノセントな瞳がまっすぐにこちらを見つめ、「バレリーナになる。この夢は、何があっても諦めない。」という強い決意を物語っている。

また、予告編に映し出されるのは、バレリーナになるために父親と弟と共に新しい街で生活を始めた、期待と不安に揺れる15歳のララ。入学を許された難関のバレエ校では厳しい指導が待ち受け、ララは身体の変化によってうまく踊れなくなることへの焦り、クラスメイトから向けられる嫉妬などに直面する。

さらに思春期の葛藤や孤独を抱えながら、いまを必死に生きるララとその娘を支える父との絆が描かれ、夢に向かって美しく踊り続けるララの姿が胸を打つ映像となっている。


■ストーリー


15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のため、毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていくララ。

だが、初めての舞台公演が迫る中、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦り、ライバルから向けられる心ない嫉妬により、彼女の心と体は追い詰められていく――。

『Girl/ガール』は7月5日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開。

※シスジェンダー:生まれながらの性別に違和感がない人のこと。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top