芳根京子の花魁姿も…松坂桃李『居眠り磐音』MISIAの“愛”の主題歌入り最新予告

松坂桃李が主演を務める、“改元後初の時代劇”『居眠り磐音』。この度、本作の主題歌がMISIAの「LOVED」に決定、同曲が流れる最新の本予告映像も公開された。

映画
『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』本ビジュアル (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
  • 『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
松坂桃李が主演を務める、“改元後初の時代劇”『居眠り磐音』。この度、本作の主題歌がMISIAの切ないラブバラード「LOVED」に決定、同曲が流れる最新の本予告映像も公開された。

>>『居眠り磐音』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主題歌を担当するのは、ドラマ主題歌となった最新曲「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」が大ヒットを記録し、昨年末の「第60回輝く!日本レコード大賞」最優秀歌唱賞受賞や「第69回NHK紅白歌合戦」への出場で、さらなる話題を呼んだMISIAさん。今回起用された楽曲は最新アルバム「Life is going on and on」に収録の「LOVED」。作詞作曲はアーティストの米倉利紀が手掛ける。

■芳根京子の花魁姿も…悲恋とリンクした最新予告


この主題歌が入った最新本予告映像では、磐音(松坂桃李)とかつての許婚・奈緒(芳根京子)のそれぞれを想いながらも哀しい別れを決断する切ない恋模様と、“あなたを好きになれて良かった” “それぞれ今を生きてゆくよ”といったストレートな歌詞がリンク。時代劇アクションだけではない、劇中の優しくも切ない世界観をいっそう盛り上げている。


■MISIA、松坂桃李の眼差しに「涙がこぼれました」


「この歌を選んでいただき大変嬉しい」と語るMISIAさんは、「松坂桃李さん演じる磐音の柔らかで優しい眼差しの奥に陰る悲しみが切なく涙がこぼれました」と明かす。主題歌の「LOVED」については、「『恋愛』をし『失恋』をし『愛』だけを心に残した人の歌です。その心を伝えられるよう大切に大切に歌いました」とコメント。

「松坂桃李さん演じる磐音、またこの物語に登場する人々の悲しみや切なさ、愛、そして狂おしい願いのようなものを感じられると思います。その時歌で、この素晴らしい映画の世界観を伝えるお手伝いを出来ていたら幸いです」と期待を込めて語る。

『居眠り磐音』(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会
また、主演の松坂さんは「LOVED」について「特に『すれ違い背を向けた その数だけ愛おしくなる』という歌詞は、磐音と奈緒の悲恋を、その後の磐音が背負っているものは『痛みに学ぶ 真実抱きしめて』という歌詞に全て込められているように感じます」と語り、「この曲を聴きながら撮影に臨みたかったくらい」との惚れ込みよう。「繰り返し聴いて、この作品を伝えていく上での養分としていきたい」と強い思いを寄せている。

『居眠り磐音』は5月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top