ティム・バートン監督&コリン・ファレル、『ダンボ』の魅力を熱弁!西島秀俊とも対面

ディズニーアニメの名作を実写映画化した『ダンボ』のジャパンプレミアが3月14日(木)、都内で行われ、ティム・バートン監督と出演者のコリン・ファレルが出席した。

最新ニュース レポート
ティム・バートン、コリン・ファレル、西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • ティム・バートン、コリン・ファレル、西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • 西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • コリン・ファレル ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • コリン・ファレル ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • ティム・バートン監督 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • ティム・バートン、コリン・ファレル ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • 西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
  • コリン・ファレル ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
ディズニーアニメの名作を実写映画化した『ダンボ』のジャパンプレミアが3月14日(木)、都内で行われ、ティム・バートン監督と出演者のコリン・ファレルが出席した。

■親日家のバートン監督、「来日するたび、元気をもらっている」


『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られ、親日家としても知られるバートン監督が、プロモーション来日するのは2年1か月ぶり。会場には、バートン監督の作品にちなんだコスプレのファンも多数来場し、「日本は本当にアーティスティックな国だね。来日するたび、皆さんから元気とエネルギーをもらっているよ」と感謝の気持ちを伝えた。

ティム・バートン監督 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
もともと『ダンボ』の大ファンでもあり、「空を飛ぶゾウという存在が、多くのことを語りかけてくれるんだ。奇妙で周りから浮いている存在だけど、そんな“違い”こそが強さであり、特別な意味合いを持っている。複雑な時代だからこそ、ダンボを通して、シンプルで純粋な感情を伝えたいと思った」と映画にこめた思いを語った。

ティム・バートン監督 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア

■コリン・ファレルが14年ぶりの来日!温かな歓迎に感謝


一方、ダンボを助け、その運命を握るキーマンとなるサーカス団の元看板スター、ホルト役で出演しているコリンは、なんと今回14年1か月ぶりの来日。ファンの大声援を受けて「温かく歓迎してくれて、本当に感謝しているよ」とにっこりし、その発言を日本語に訳す通訳に、「僕ってそんなにたくさんしゃべったかな?」とツッコミを入れるお茶目な一面も見せた。

コリン・ファレル ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
ホルトは最初こそ、ダンボの存在に否定的だったが、大きな耳を笑われながらも健気に前に進もうとする姿に心を打たれるという役どころ。「ダンボの中心には、美しいハートがある。他人との違いこそが、自分を特別な存在にしてくれるし、映画はそれを祝福してくれるんだ」と話していた。

コリン・ファレル、西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア

■西島秀俊が“バートン愛”を熱弁「テーマ性に勇気づけられた」


ジャパンプレミアには、日本語吹き替え版でホルトを演じ、ハリウッド声優に初挑戦した西島秀俊が駆けつけ「バートン監督の大ファンなので、非常に光栄。どの作品も登場人物が個性的ですが、その個性が周りを幸せにするというテーマ性に、『自分らしく生きていこう』と勇気づけられた」と“バートン愛”を熱弁。ホルト役のコリンと対面し、「体と心を通して、コリンさんの繊細な演技を体感できて、すばらしい経験だった」と称えていた。

西島秀俊 ディズニー映画『ダンボ』ジャパンプレミア
『ダンボ』は3月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top